ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2011.06.28  

7月22日(金) 第43回フレッシュキャンパスセミナー:「香」の向こうに―熱帯雨林と日本人

(今回は、機構創設5周年記念第5回セミナーとして開催します。)

 

   沈香は日本で15世紀後半、茶道、華道と並んでおこった東山文化の一つ、香道で使われている香木の樹脂です。最上級品は日本の小売価格で1グラム2万円を超えるという熱帯雨林の「宝玉」でもあります。
   マレーシア、サラワク州の採集民プナン人は沈香木そのものを伐採するのではなく、樹脂だけを採取して、農耕民と物々交換や売買を行なってきました。ところが1970年代から熱帯雨林の商業伐採が本格化、その後アブラヤシのプランテーションが急拡大しています。同時に沈香の採集が難しくなり、プナン人の生活も追い込まれています。
   かつて日本人は香の産地や品質に関心を寄せるなど原産地への想像力がありました。沈香はどこから来たのか。原産地の環境や採集者の暮らしに思いを寄せれば、大規模開発の波にさらされている熱帯雨林の現状や保護にも理解、関心が広まるでしょうし、香文化の未来につながっていくのではないでしょうか。

 

【講師】

   金沢 謙太郎(かなざわ けんたろう) (全学教育機構SGE環境マインド教育部門 准教授)

 

【略歴】

   1968年生まれ。長野県出身。上田高校卒業後、東京外国語大学ヒンディー語学科、筑波大学大学院環境科学研究科修士課程、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程で学ぶ。博士(学術)。神戸女学院大学准教授などを経て、2008年秋より現職。

 

【専門分野】

   環境社会学、ポリティカル・エコロジー論 

     

【日時】

   平成23年7月22日(金)18:00~19:30 (お話と質疑応答)

 

【場所】

   信州大学 全学教育機構(SGE)大会議室 (南校舎2階最奥)
   松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり

   聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)

 

【主催・企画運営】

   信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

 

【問い合わせ先】

   同   上     
   委員長・松岡(俊)、副委員長・高野 0263-37-2285、3067 (直通)
   学内内線7136、7342
  (※090-1866-4898[松岡携帯])


※ 講演終了後、講演者を囲んで懇親会を開きますので、こちらにも御参加下さい。(会費千円)

こちらからポスターをご覧いただけます。(PDF)

▲ページの先頭へ