ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2011.05.30  

6月24日(金) 第42回全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー:小布施町における協働と交流のまちづくり

(今回は、機構創設5周年記念第4回セミナー並びに地域との研究交流講座として開催します。)

地方の現状・・・都会の価値観のより、地方は「衰退している」、「魅力がない」と思われているのではないか。地方に新しい価値を創造するためには、新しい担い手(公共)が、出資し、参画、協働することが必要。「志の高い企業」による地方の価値創造に向けた仕組みづくりがまちづくりにつながるのでは・・・


   小布施町のまちづくり
はじめに
   小布施町の歴史と今日までのまちづくり・・・江戸時代後期の繁栄、昭和40年代からのまちづくり5つのポイント。①人口施策。②北斎館などの美術館。③地場産業・栗菓子店の活躍。④町並修景事業。⑤花のまちづくり。
今、小布施町では。
   まちづくりの第2ステージへ・・・①自立の選択。②町民との協働。③研究機関・大学との協働。④交流産業の振興。⑤OBUSE AGRI ルネッサンス。⑥商工業の振興。⑦都市計画の新しい概念。⑧町中心部から農村部へのグラデーション。
   上記により小布施町のまちづくりをご紹介したい。

 

【講師】

   市村 良三 (いちむら りょうぞう)  (小布施町長)

 

1973年慶応義塾大学法学部を卒業後、ソニー(株)に入社。

1980年に株式会社 小布施堂入社。町並み修景事業をはじめ様々なまちづくり運動を展開する。

1994年(平成6年)第3セクターのまちづくり会社「ア・ラ・小布施」の設立(当時は取締役)に尽力。

住民主体のまちづくり運動の中心的人物として、栗どっこ市や北信濃小布施映画祭、小布施国際音楽祭など様々な企画イベントや事業を成功させた。

2003年(平成15年)に代表取締役に就任し、積極的な事業展開により「小布施」の名を全国的に一層高めた。

2003年1月には、内閣府・国土交通省の「観光カリスマ百選」に認定されている。

2004年まで、株式会社 小布施堂 取締役及び代表取締役、株式会社 枡一市村酒造場 取締役ほかを務めたほか、小布施町文化観光協会会長等を務め、小布施のまちづくり伸展に寄与している。

2005年1月22日に町長に就任。「住民が楽しく生き生きと暮らす魅力ある町づくり」を目指す。

2009年1月22日に町長に就任。(2期目)

2009年4月、国土交通省・「国土審議会」政策部会委員に就任。

2010年1月、内閣府・「新しい公共円卓会議」構成員に任命されている。

 

【日時】

   平成23年6月24日(金)18:00~19:30 (お話と質疑応答)

 

【場所】

   信州大学 全学教育機構(SGE) 大会議室 (南校舎2階最奥)
   松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり

  聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)

 

【主催・企画運営】

   信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会


【問い合わせ先】

   同上     
   委員長・松岡(俊)、副委員長・高野 0263-37-2285、3067 (直通) 学内内線7136、7342
  (※090-1866-4898[松岡携帯])

※ 講演終了後、講演者を囲んで懇親会を開きますので、こちらにも御参加下さい。(会費3,000円+酒代)

* こちらからポスターをご覧いただけます。(PDF)

▲ページの先頭へ