ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2011.05.09  

6月10日(金) 第41回全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー:インターネットが見ていた大震災

(今回は、機構創設5周年記念第3回セミナーとして開催します。)

   2011年3月11日に発生した東日本大震災では、その発生直後から、地震に出くわした当事者と援助者とのインターネット上のサービスを通じた関わり(ツイッターなど)が注目されました。1995年の阪神淡路大震災では「世間がインターネットを発見した」と言われたことと対比して、今回は「世間がソーシャルネットワークを発見した」との言い方もされました。
   本講演では震災当日からのソーシャルネットワークを通じた多くの人たちの活動をたどると同時に、震災発生直後から誕生したインターネット上のさまざまな被災者支援サービスにも触れ、私たちとソーシャルネットワークとの関わりを考えてみます。その際、震災発生時からのニュースクリップを多く紹介することで、インターネットをあまり利用されていない方でも体感できるようにします。また、実際のインターネット上の出来事に関しては、現時点からでもインターネット検索を通じてみなさん自身の手でたどれる素材を中心に紹介して行く予定です。

 

【講師】

   鈴木 治郎 (すずき じろう) (信州大学全学教育機構[SGE]自然科学教育部門 教授)

 

【略歴】

   1990年に上智大学大学院理工学研究科博士課程修了、同年信州大学医療技術短期大学部講師、

   2006年より信州大学全学教育機構教授。

 

1995年の阪神淡路大震災ではパソコン通信(当時最大手)のニフティサーブにて地震等災害情報の管理提供側と運営協力。実験整数論とくにフェルマーの最終定理(予想)の検証に関する世界記録をもつ(この予想は現在は解決済)。

 

【所属学会】

   日本数学会、コンピュータ利用教育学会他


【著訳書】

   『はじめての数論』、『数のマジック』、『体験する幾何学』など多数

 

【日時】

   平成23年6月10日(金)18:00~19:30 (お話と質疑応答)

 

【場所】

   信州大学 全学教育機構(SGE) 大会議室 (南校舎2階最奥)
   松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側)に市営有料駐車場あり

   聴講自由  (定員60名。無料。申し込み不要)

 

【主催・企画運営】

   信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー運営委員会
   問い合わせ先        同   上     
                                  

   委員長・松岡(俊)、副委員長・高野                       

   0263-37-2285、3067 (直通)

   学内内線7136、7342

   (※090-1866-4898[松岡携帯])

 


※ 講演終了後、講演者を囲んでささやかな懇親会を開きますので、こちらにも御参加下さい。(会費1,000円)

※ こちらからポスター(PDF)をご覧いただけます。

 

▲ページの先頭へ