ホーム >

イベント情報 > イベント情報詳細

イベント情報詳細

2009.10.30  

第24回 信州大学全学教育機構(SGE)フレッシュキャンパスセミナー開催のお知らせ

   開かれた大学としての信州大学を目指し、教職員、学生及び地域住民の方々の相互の親睦を深めるとともに、現代社会の様々な問題を共に学び考えていくために、全学教育機構(初年次教育担当)の教員有志によって、フレッシュキャンパスセミナーを開催しています。信州大学の教員等によるわかりやすく役に立つ皆さんのための公開講座です。
   今回は、下記の要領で開催します(セミナー信州大学創立60周年記念シリーズ第6回)。どなたでもご参加いただけます。皆さまお誘い合わせのうえ、ふるってご参加下さい。

【題目】
   コンピュータ利用教育、昨日・今日・明日

   ─2009年度CIEC(コンピュータ利用教育協議会)学会賞・功労賞受賞記念─


   コンピュータやネットワークを利用した教育は、CAI、そしてe-Learningと呼ばれてきました。近年ICT(情報通信技術)活用教育と呼ばれるようになり、それは単に呼び方が変わっただけではなく、期待する効果の変化をも示しています。
   矢部氏の専門は理論核物理学ですが、電子計算機を利用した数値解析をその手段としています。その関係から、矢部氏は教育へのコンピュータ利用という道に誘われるまま足を踏み入れることになりました。
   このたび矢部氏が2009年度CIEC(コンピュータ利用教育協議会)学会賞・功労賞を受賞したのを記念して、コンピュータ利用教育さらには「学び」とコンピュータとの関わりについて、この十数年の矢部氏自身および1996年に矢部氏が発起人の一人として設立した学会(CIEC[コンピュータ利用教育協議会])の歩みをたどりながら、今後の在り様を展望して頂きます。

【講師】
   矢(や)部(べ) 正(まさ)之(ゆき)(信州大学全学教育機構 教授)

《講師略歴》
   1979年早稲田大学理工学部応用物理学科卒業

   1985年東京都立大学大学院理学研究科物理学専攻修了
   1885年Kernforschungsanlage Julich(西ドイツ:当時)研究員 (87年まで)
   1987年Ludwig-Maximilians-Universitat Munchen(西ドイツ:当時)研究員
   1987年信州大学医療技術短期大学部講師(その後、助教授、教授:02年まで)
   1996年CIEC(コンピュータ利用教育協議会)副会長 (08年まで)

   2002年信州大学医学部教授(06年まで)
   2003年信州大学高等教育システムセンター兼務 (06年まで)
   2006年信州大学全学教育機構教授(現在に至る) 同左副機構長(~08年)

   2008年同左機構長 (~09年9月)

《著書》
   1.『学びとコンピュータ・ハンドブック』(東京電機大学出版局)、2008、分担執筆
   2.『教養としての医療-いのちを支える看護・検査・リハビリテーション』(信濃毎日新聞社)、1994、分担執筆

【日時】
   平成21年11月20日(金)18:00~19:30(質疑時間を含む)

【場所】
   信州大学 全学教育機構(SGE) 大会議室(南校舎2階最奥)
   松本キャンパス北側(美須々ケ丘高校南側と東側])に市営有料駐車場あり

   聴講自由(定員60名。無料。申し込み不要)

【主催・企画運営】
   信州大学全学教育機構フレッシュキャンパスセミナー運営委員会

【問い合わせ先】
   松岡 (俊)

      研究室直通:0263-37-2285

      学内内線:7136

      e-mail:tomatsu@shinshu-u.ac.jp

※講演終了後、講師を囲んで懇親会を開きます(千円込)。

▲ページの先頭へ