お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

岡野・小形 研究室

岡野研究室では小形研究室と協力しソフトウェア開発をサポートする諸技術の研究を行っています.ソフトウェアの普及,大規模化に伴い,ソフトウェア開発の種々の側面を計算機によってサポートする必要が高まっています.ソフトウェアは要求文書に始まり,どのように作るかという設計文書,そしてプログラムコードなどからなっています.これらが相互に関連付けられていることが高信頼ソフトウェアの設計や保守において極めて重要です.また,ソフトウェアを定量的に測定し, あるいは静的に解析を行って,種々の性質を検証したり,工数などを予測することも重要です.これらの技術について企業,他大学とも連携して研究を行っています.

良いソフトウェアを効率的に開発する方法を研究しています.建築では最初に模型と言った「概略」を作り,その良し悪しをお客さんに確認してもらいます.お 客さんの欲しないモノには多量の手直しが生じ,膨大な費用と時間がかかるため,この確認は非常に重要です.ソフトウェア開発においても「概略」を下図の 「モデル」として記述することが普及してきましたが,モデルの有益な活用方法の研究は未だ不十分です.小形先生は「使い勝手の良い」ソフトウェアの開発を 促進するためのモデリング方法やソフトウェアへの変換方法に関する研究を行っています.

メンバー

教員

准教授岡野 浩三
助教小形 真平