お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

橋本 佳男

化合物系薄膜太陽電池 及び 薄膜新材料の研究

薄膜太陽電池の基本構造(太陽電池となる部分の厚さが数ミクロン程度)

薄膜太陽電池の基本構造(太陽電池となる部分の厚さが数ミクロン程度)

新材料により薄膜太陽電池を実際に作り、より性能の良い太陽光発電素子と製法の研究を行っている

新材料により薄膜太陽電池を実際に作り、より性能の良い太陽光発電素子と製法の研究を行っている

ミョータンテイ助教とともに薄膜太陽電池の光吸収材料、透明導電材料となる新材料を探索し、新しいエネルギーデバイスの構造及び作製方法の研究を行っています。また、カーボン材料の応用による材料技術の進展を図ります。

研究から広がる未来

・太陽電池に限らず、エネルギーデバイスを創出して持続可能な社会の構築に貢献できます。 ・薄膜材料はその光、電子特性により広範なデバイスに応用できます。 ・カーボン材料は、化学的安定性とπ電子の電気伝導、そして低次元加工性から優れた発展性を持ちます。多くの材料との組み合わせで新規応用に展開できます。

卒業後の未来像

環境エレクトロニクスに関連する研究に携わることで学生自身の成長を促進し、卒業後は、次世代を担う有望な環境エレクトロニクス技術者として、世界で活躍できる人材の育成を目指しています。

プロフィール

東京大院 工学博士 日本学術振興会特別研究員 カーボン科学研究所 所長 研究分野:薄膜太陽電池新材料の探索 ・酸化物薄膜の応用 ・半導体ヘテロ接合界面・カーボン材料の応用

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る