ホーム > 学部案内 >

工学部

工学部

工学部ホームページ

学科紹介

機械システム工学科

機械技術は、現在の工業化/情報化社会にはなくてはならないもので、エレクトロニクスや情報通信などを複合的要素組み入れた、付加価値の高い製品生産への対応が求められています。本学科では、時代の要請に見合う多彩な授業科目を導入し、少人数型教育や創成型科目などを取り入れ、21 世紀に生きるエンジニアを養成します。

電気電子工学科

本学科では、海外や産業界の第一線で活躍した多くのスタッフを揃え、電気電子工学の幅広い分野で独創的な研究を行っており、特に、カーボンナノテクノロジーに関する研究は世界的にも有名です。専門基礎教育に重点をおき、電気電子工学の基盤作りに始まり、専門基礎教育の後に幅広い専門分野の基礎を学ぶことになります。

土木工学科

土木工学とは、私たちが安全で快適に暮らせる生活環境を創り出すための学問です。道路・橋等の生活の基礎となる社会施設の整備、水質・地質汚染に代表される環境問題への対処、都市・公園といった快適な生活空間の形式をはじめとして、広範囲で多様な領域から成り立っています。本学科では、このような多方面にわたる分野について、総合的・実践的に教育・研究します。

建築学科

建築は、快適かつ安全安心な人間の暮らしや社会活動を支える基盤であり、人間による持続的な維持管理を必要とする存在です。建築学科では、地球環境との共生・快適な空間づくり・災害に強い建物の素材や構造・美観と機能を併せ持つ建築・歴史的風土に調和した建築空間に関わる技術や技法を複合的に学ぶことができる体系を整備し、学際的な見識に基づく創意に富む技術者を育成しています。

物質工学科

物質が持つ役に立つ性質を見つけて応用への道筋をつける、また、望みの性質を持つ物質を設計し創り出す、それが物質工学です。専門的基礎を学び、最終学年において、有機物質の新合成法、酵素機能の解明と応用、環境浄化に寄与する触媒、浄水をつくる高分子膜、電子材料に利用される金属薄膜、機能性セラミックスの開発などの研究を通じて実践を学びます。

情報工学科

現代のコンピュータシステムはシステムを構成する電子回路や通信回線等とその制御を行う論理や手順とで成り立っています。このハードウェア、ソフトウェア双方の技術に強い学生の養成を目指しています。また、実験や実習も重視して、創造的思考に優れ、実践的な技術を備える学生の養成も目指します。

環境機能工学科

境機能工学科は機械工学・応用化学・環境科学を3本の柱とし、環境調和型科学技術(エコテクノロジー)の教育研究を行い、有能な人材を育成し、この分野の学術基盤を構築し、環境調和型科学技術の開発に貢献することを目的としています。
エコテクノロジーは既存の機械、電気、土木、建築、化学、情報などの工学から孤立したものではなく、これらと連携し、さらに新規の発想で環境と調和し共生する技術を開発する工学です。