“学びの場”の多様性“学びの場”の多様性

リアルな体験を積み重ねて、4年後へ。リアルな体験を積み重ねて、4年後へ。

いま教育に求められるものとは?その答えが、信州大学教育学部の基本理念「臨床の知」に込められています。
臨床の知とは、変化しつづける子どもたちの現実に対応する力。信州大学教育学部では、入学時から卒業時まで、教育の現場で生きた体験を積み重ねます。
また、体験した意味をふまえ、省察するためのプログラムが、教育者としての確かな力を育んでいます。

教員養成課程の入学から卒業までの学修課程

学修課程

1年生から子どもたちと触れ合えるカリキュラム[臨床経験科目]

信州大学教育学部の中核となるのは「現場で学ぶ授業」。附属学校園、地域の教育機関、社会教育施設、福祉施設等と連携しながら実施しています。
(臨床経験科目の一例より)

1年次
<教育臨床入門> 臨床経験科目の全体像を把握し、附属学校園や地域の教育施設をフィールドとして、子どもの実態や教育への理解を深めます。
1年次
<教育臨床演習> 教師の仕事を現場で体感すること、またそこで得た個々の体験を共同で省察することを組み合わせて学びます。
3年次
<教育実習 I> 義務教育の場で児童の育成に直接携わりながら、教育の意味・内容・方法を学び、教師としてのベースを身につけます。
4年次
<教育実習 II> 校種(小学校・中学校の別)を換えて実施し、観察や実習を通して、初等・中等教育の一貫性について理解を深めます。
1~4年次
<地域教育演習 I/II> 地域の教育活動に継続的に接しながら、自己の教育経験を相対化し、教育に対する理解をさらに深めます。
6つの附属学校園が学びのフィールド

長野・松本の2つのキャンパスに、幼・小・中・特別支援学校が全6校園設置。キャンパスで学んだことを、子どもたちに向き合いながら実践していく場が充実し、全国の国立大学の中でも恵まれた環境です。

  • 附属幼稚園附属幼稚園
  • 附属特別支援学校附属特別支援学校
  • 附属長野小附属長野小
  • 附属松本小附属松本小
  • 附属長野中附属長野中
  • 附属松本中附属松本中

課程・コースの紹介

教育学部は1課程、14のコースからなる課程・コース制。関心のあるテーマについて高い専門性を身につけることができます。

学校教育教員養成課程
小学校、中学校教員の養成を目的とした課程です。
現代教育コース
子どもを取り巻く現代社会を見つめ、適切に対処できる実践的指導力のある教員を育成する
野外教育コース
信州の豊かな大自然の中で行われる「自然体験活動」が指導できる教員、「冬季スポーツ」の盛んな地域のニーズに応える教員を養成する
国語教育コース
国語はもとより、「ことば」に関わるすべての教科・活動で通用する「ことばの学びの専門家」を養成する
英語教育コース
英語を担当できる知識と教養、確かな指導力を育てるとともに、豊かな人間性と国際性を培う
社会科教育コース
地理、歴史、公民といった社会科科目の教育を通じ、社会の諸問題について積極的に関わる力を養う
数学教育コース
算数・数学のおもしろさを子どもたちに伝えるため、創意工夫のある確かな指導力を体験的に身につける
理科教育コース
「理科の伝導師」をめざして、幅広い知識、論理的思考、指導法を学び、発想力や実験の技術を磨く
音楽教育コース
声楽、器楽、作曲、四季、音楽理論などを総合的に学び、音楽科教育の指導や支援のあり方を究める
図画工作・美術教育コース
芸術を通した人間形成を土台とし、美術教育の指導者に必要とされる専門知識と制作技術を身につける
保健体育コース
保健体育の基礎理論や最新の運動理論を学びながら、運動実技の能力を高め、学習指導の技術を習得する
ものづくり・技術教育コース
ものづくり・環境・技術についての指導力を身につけるため、幅広い内容を実践的・体験的に学ぶ
家庭科教育コース
生活の質の向上を基本に、家族関係、保育、衣食住生活、生活経営など、専門知識と技能、指導法を習得する
特別支援教育コース
障害児教育現場における固有のカリキュラムに基づき、実践的な指導力を身につけた人材を養成する
心理支援教育コース
心理学を学び、不登校やいじめなどの課題に主導的に取り組める、 心理支援の理論・技術を備えた教師を育成する
 
基本理念「臨床の知」とは? “子どもたちの現実に対応し、より良い教育現場を創る力になる”

一人ひとり異なり、変化し続ける子どもたちにどう対応したらよいのか。教育現場では、その時々に応じた対応力が求められています。この対応力となるのが「臨床の知」です。学生には、教師の仕事に対する先行イメージがありますが、いざ授業をしてみるとそれらはことごとく崩れていきます。子どもとの関係がうまく作れないことで授業自体がうまくいかないということもあります。リアリティギャップといわれるもので、多かれ少なかれ誰にでも必ずあるものです。しかし、大学の授業だけではそういったことは学べません。個々の現場に入り込まなければ、学ぶことはできないのです。そこで、学生が現場で経験し感じることと大学で学ぶことを関連させていこうと考えられたのが「臨床の知」のシステムです。信州大学では、平成17年に臨床教育推進室を立ち上げ、学生個々の「臨床の知」が育まれるようカリキュラムを作り、システムを整えてきました。

伏木久始教授(臨床教育推進室)
伏木久始教授(臨床教育推進室長)