ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

教育学部図画工作・美術教育グループ大島賢一助教が美術教育学賞受賞

    

  平成30年3月29日、30日に、滋賀大学教育学部にて開催された第40回美術科教育学会滋賀大会において、教育学部図画工作・美術教育グループの大島賢一助教が第15回美術教育学賞を受賞しました。

  この賞は、同学会の将来を拓くことが期待される清新で可能性に満ちた研究成果を称揚し、美術科教育学会誌『美術教育学』の質の向上と本学会の活性化を図ることにより、美術教育学研究の発展に寄与することを目的としたもので、前年度の同学会誌掲載論文のうち、執筆者の年齢が45歳以下のものに授与される賞です。
  対象論文は「長野県教育界における石井鶴三の受容-『信濃教育』掲載の石井鶴三言及記事の検討-」(『美術教育学』第38号、pp.107-118、2017.)です。
  本論文は、長野県教育界に、彫塑研究会の講師などとして関わった彫刻家石井鶴三が、どのように受容され、その具体的影響力を今日まで残してきたのかを、信濃教育会機関紙『信濃教育』に掲載された石井に関する記事を検討することを通して明らかにした論文です。「近代美術」の地方における受容と、それによる美術教育意識の形成の過程を、美術の営みが制度化や権威化の中で位置付けられ影響力を有する点にも配慮しながら検証しようとする研究として高く評価され、今回の受賞となりました。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。