ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

信州大学教育学部 消防演習訓練が行われました

    

平成29年11月9日(木)に、長野市消防局、長野市消防団と合同で消防演習訓練が行われ、教育学部の教職員・学生約60名、消防関係者約65名が参加しました。

 

長野県北部を震源とした震度6強の地震が発生し負傷者が多発したという想定のもと、職員は自衛消防組織本部を設営し、消防関係者から助言を受けながら、通報や初期消火、避難誘導、救出救護などの訓練を実施しました。

消防関係者も、被災した建物での人命検索や緊急脱出、放水を行うなど、本格的な訓練となりました。

 

訓練修了式では、一日消防長の船木和喜様より、「日頃の練習と本番に向けた備えが大切という点で、防災もジャンプ競技も共通している」と、防災訓練の重要性についてお話をいただきました。

また、永松教育学部長は、「熊本大学を通じて熊本地震の状況を伺う中で、『いつ起こるかわからない災害』から『いつ起きてもおかしくない災害』という意識に変わった」として、参加者全員に防災意識の向上を呼びかけました。

 

信州大学教育学部では、今回の防災訓練の検証を行い、今後も学生・教職員の安全確保と防災意識の向上に取り組んでいきます。

救急隊の方に、応急処置の方法等をレクチャーしていただきました。

救助隊の方による緊急脱出訓練。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。