ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

教育学部「信州投票率上げようプロジェクト(STAP)」が総務大臣表彰

    

平成29210日(金)、教育学部の「信州投票率上げようプロジェクト(STAP)」が24回参議院選挙総務大臣表彰を受賞しました。 


この賞は昨年の参議院選挙(平成28710日投票)について全国23団体が受けており、長野県からはSTAP飯田市の高校生グループ「飯田下伊那100計画実行委員会」が受賞しました。210日(金)、「明るい選挙推進フォーラム」において、代表の阿部将大さん(社会科教育コース3年、松本康研究室)が長野県選挙管理委員会委員長より表彰状を伝達されたのち、217日(金)には長野市の加藤久雄市長に受賞報告を行いました。

 

STAP18歳選挙権が初施行された昨年の参院選をきっかけに、社会科教育コースの学生約20名と教員によって結成されたプロジェクトです。長野県・長野市選挙管理委員会と協力して、権堂イーストプラザの期日前投票所の企画・運営を行ったほか、独自のポスター作成、教育学部図書館での18歳選挙権関連の図書フェア、信大生・高校生・一般市民への投票呼びかけ、FacebookTwitterによる情報発信など、学生らしいアイデアを駆使して、投票率向上のための啓発活動を行いました。

 

STAPは現在、選挙管理委員会と共に小・中学校に乗り込んで主権者教育の出前授業・模擬選挙を行い、子どもたちに選挙の大切さを伝える活動を続けています。

 

学内啓発活動

ティッシュ配り

期日前投票所

出前授業(芹田小学校)

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。