ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

教育学部 蛭田直助教がグッドプレゼンテーション賞を受賞

    

賞状

7月4日(金)~6日(日)に福井工業大学福井キャンパスで開催された「日本デザイン学会 第61回春季研究発表大会」で、口頭発表を行った美術教育コース 蛭田直助教がグッドプレゼンテーション賞を受賞しました。


参加者数は469名。総発表数290件(口頭発表174件、ポスター発表116件)の中から、グッドプレゼンテーション賞に選出されたのは口頭発表15件、ポスター発表10件でした。


同大会は、これからの未来のあるべき姿が、エコロジーで、サスティナブルな世界であるのと同時に「しあわせな世界」でありますようにと「しあわせのデザイン」をテーマに開催されました。



蛭田助教の発表テーマ
磁石による連結機構を用いた造形学習用教材による造形過程と造形物の考察

概要:これまで開発をおこなった「磁石による連結機構を用いた造形学習用教材」について、4つのイベントで展示して参加者の造形活動について考察を行った。造形学習用教材は、4つの正多角形を磁石の連結機構で接合することで、容易に幾何形体をもとにした造形学習が行えるものである。本稿では、まつもと広域ものづくりフェア、諏訪圏工業メッセ、産業フェアin善光寺平2013、ものづくりフェア2013の4つのイベントで、造形の難易度に応じた活動の段階を5段階に分けて評価を行った。考察により造形学習用教材がもつ年齢や造形の理解度に応じた造形活動の段階を明らかにすることができた。(大会概要集より引用)

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。