ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

平成24年度信州大学シンポジウム「教員の高度な専門性と実践的指導力を高めるために」が開催されました。

    

パネリストの皆様

 平成24年8月20日(月)午後、ホテルメトロポリタン長野(長野市)において平成24年度信州大学主催シンポジウム「教員の高度な専門性と実践的指導力を高めるために」~大学教育に求められるこれからの教員養成~が開催されました。


 大学・教育委員会教職員、国・公・私立学校教職員、教員志望学生のみなさんなど、長野県内外あわせて120名の参加を得ることができました。


 山沢信州大学長、髙橋道和文部科学省大臣官房審議官の開会挨拶の後、第1部として日向信和文部科学省初等中等教育局教職員課教員免許企画室長による基調講演『中央教育審議会「教員の資質能力向上特別部会」の報告について』が行われました。また、赤羽貞幸信州大学理事(教員免許更新支援センター長)による「信州大学における教員免許状更新講習の取組み」が報告されました。


 第2部パネルディスカッションでは、平野吉直信州大学教育学部長がコーディネーターをつとめ、パネリストには若井彌一上越教育大学長、梅澤収静岡大学教育学部長、荒深重徳長野県教育委員会教育次長、小山茂喜信州大学全学教育機構教職教育部教授及び永松裕希信州大学教育学部副学部長を、コメンテーターには基調講演を行った日向信和氏を迎えて熱い議論が交わされました。


 基調講演とパネルディスカッションにより、社会から求められている教員の資質・能力の分析、教員養成に係る学士レベルと修士レベルにおける教育内容の差別化と接続、長野県教育委員会との協働による養成・採用・研修の一体的な改革、全学的な教員養成の体制整備と教育学部の役割など、これから取り組むべき課題・検討事項が浮き彫りになりました。


 これらの課題・検討事項を参加した信州大学の教職員が共有・共通理解できたことは、大きな収穫であり、教員養成の修士レベル化に向けた検討の第一歩を踏み出すことができたシンポジウムとなりました。

 

髙橋道和審議官

日向信和教員免許企画室長

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。