ホーム >

お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

附属長野中学校合唱部 二年連続全国大会出場!銀賞に輝く!!

    

 第26回全日本合唱コンクール全国大会が10月25日(日)金沢市で開催され、教育学部附属長野中学校合唱部が昨年に引き続き中部支部代表として出場し、混声の部で見事銀賞に輝きました。
 会場となった金沢歌劇座ホールにはチケットを買い求めようと前日から列が出来たというほど注目集める全国大会。附属長野中は17番。最後から2番目で緊張が続く中、出番を待ちました。しかし顧問の福澤先生だけはワクワクした気持ちでおられたようです。「地区大会の時はとても緊張していたが全国大会の上の大会はない。最後の大会、全力を出し切るのみと思った。難しい曲目だったが皆の気持ちを一つに心のこもった歌声を届けられたのでとても嬉しい。」とコメントして下さいました。
 演奏曲はいくつかの候補曲の中から部員同士が何度もプレゼンを行い決めた、川崎洋作詞、信長貴富作曲混声合唱曲集「いろとりどりのうた」より「しずく」と「愛の遊び歌」です。「しずく」はアカペラでしたが附中の持ち味であるきれいなハーモニーが出せる曲。「愛の遊び歌」は歌詞の中に言葉遊びが組み込まれていて奥深さを感じます。部員たちが伝えたいと願った優しく温かい歌声が観客の心に響き渡ったことでしょう。
 今後合唱部は12月5日に行われるSBC子ども音楽コンクール東日本大会にも出場します。 全国大会の経験を活かし附中のハーモニーを奏でてきて欲しいと思います。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。