course
ホーム >

課程/コース > 理科教育コース

理科教育コース

自然科学の「理」と出会う 原動力は好奇心と探求心

信州の豊かな自然の中で、思いがけない生き物に出会う。夜空の星々を見ながら、銀河に思いをはせる。 岩場から採取した化石を通して太古の地球の生き物に触れる。 そして、自ら慎重に工夫した実験装置で運動、超伝導、化学変化などの不思議を体感する。 理科には未知の世界へとつながる小さな冒険がいくつもあります。 そんな世界へ子どもたちを導き、さらに深いおもしろさを理解させるには、どんな授業方法があるでしょうか?まずは、自分自身に力をつけることから始まります。
基礎的な幅広い知識、論理的思考、指導法を学び、発想力、実験の技術を磨きます。
さあ、「理科の伝道師」を目指して、共に学んでいきませんか。

主な科目
物理学基礎 物理学基礎実験 化学基礎 化学基礎実験
地学基礎 地学基礎実験 生物学基礎 生物学基礎実験

コースの特色

理科教育コースでは、物理学、化学、生物学、地学などの個別科学における専門的学習や理科教育の理念・目標、指導法、授業研究などの学習を積み重ねるなかで、理科の教師としての基礎的で豊かな専門的力量をもち、論理的で科学的なものの見方、考え方ができるとともに、実践的な指導力を備えた質の高い教員の養成を目指しています。 自然科学に対する幅広い基礎知識、基礎能力をもち、理科が好きで、その面白さをいきいきと児童生徒に伝えられる教師(理科の伝道師)の育成が目的です。

カリキュラム

1年次 基礎的、入門的な授業である基礎科目を履修することで、自然科学の基礎や理論的な思考力を養います。 また、「新入生ゼミナール」を通して、理科教員として授業をする上で必要な基礎的な力の習得を補完します。
2年次 個別科学の基礎的な内容の授業、実験を通して、自然現象をみる柔軟な発想力・思考力を涵養し、理科教員に必要な基礎能力を身につけます。
3年次 より高度な内容および実験を含む個別科学の講義・演習を通して、自然科学に対する幅広い知識、能力を習得します。
4年次 卒業研究では、研究室に所属して、教員と学生が一体となって専門性の高い先端的・独創的な研究課題に取り組むことによって、探求する喜び、科学的思考を体験します。 また、卒業時に臨床的理科指導力認定試験を実施し、理科教員に必要な実践的指導力を保証します。
[中等理科指導法基礎][化学基礎]
授業紹介

初等理科、中等理科指導法基礎では、小・中学校において楽しく、わかりやすい授業ができるようになるために、指導案の書き方、板書の仕方、発問の仕方などを学びます。また、これらを生かして模擬授業を行います。教材を工夫して準備を進め、学生が教師となり児童生徒となって授業を行い、その内容や進め方について、互いの立場から評価し合います。こうした体験を通して、教師としての実践的な能力を養うようにしています。
理科教育コースのさまざまな授業についての詳しい紹介は、理科教育コースのホームページもご覧ください。

実験を通して論理的で科学的なものの見方、考え方のできるような授業を目指しています。

小中学校の教材的なものから大学レベルの化学に関する実験・講義を通して、化学の考え方を身につけることを目指した授業を行っています。

「中等理科指導法基礎」 分子模型を使って考察する

自然豊かな信州という地なら、4 年間自然と関わりながら新しい発見をするなど、つねに新鮮な気持ちで4年間理科の学習ができると考え、入学しました。実際、大学周辺の豊かな自然を活かし、特に地学実験や生物学実験では実際に足を運ぶなど、大学にいながら本格的な観察や実験ができます。1 年次から行われる教育現場での実習などとともに、学びを深め、目標である中学校の教師になりたいと考えています。

※在籍する学年、および内容は平成27年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。