course
ホーム >

課程/コース > 数学教育コース

数学教育コース

未来を生きる子どもたちと 本物の数学との出会いをデザインする

学校教育における算数・数学の教員として、数学に関する専門的な知識はもちろんのこと、教材や指導法などについてもさまざまな創意工夫が必要になります。算数・数学科の教育内容をより深く学んだり、教育内容の背景にある学問的な数学を学んだり、算数・数学の学習指導に関する専門的な知見と力量を高めたりしながら、未来の主役である子どもたちのための算数・数学教育とは何か、子どもたちの学びをよりよい方向へと導くにはどうしたらよいか、体験的に学びながら考えます。

主な科目
代数学基礎 幾何学基礎 解析学基礎 数理統計学基礎
コンピュータ基礎 算数科指導法基礎 中等数学科指導法基礎
数学教育研究方法論 数学教育教材論

コースの特色

数学教育コースでは、学校教育における算数・数学の教員として必要とされる、数学に関する学問的知識及び算数・数学の学習指導に関する専門的知見と力量を持った教員の養成を目的としています。
本コースには、小・中学校や高等学校で算数・数学をどのように教えたらよいかを学ぶ「算数科指導法基礎」「中等数学科指導法基礎」などの科目があります。 それと同時に「代数学基礎」「幾何学基礎」「解析学基礎」などの授業を通じて、算数・数学科の教育内容をより深く学んだり、教育内容の背景にある学問的な数学を学んだりします。 さらに、少人数のセミナーを通して専門性を深めます。

カリキュラム

数学教育コースでは、各学年で下記のような科目を履修します。

1年 「数学教育教材論」「算数科指導法基礎」などを学びます。
2年 「代数学基礎」「幾何学基礎」「解析学基礎」「群論」「ユークリッド空間内の幾何学」「数理統計学基礎」「中等数学科指導法基礎」「数学教育カリキュラム論」「算数基礎」などを学びます。
3年3 「環論」「曲面上の幾何学」「複素解析学」「微分方程式論」「コンピュータ基礎」「数学教育研究方法論」などを学びます。また、少人数のセミナーを通して専門性を深めます。
4年 少人数制のセミナーを通して一層専門性を深めます。また「卒業研究」を行います。

〔 算数科指導法基礎 〕〔 中等数学科指導法基礎 〕

教育実践上の課題にこたえるために、小学校算数科及び中学校・高等学校数学科の学習指導のために必要な目的、内容、指導法、評価に関する知見を、数学教育の理論に基づいて習得します。

〔 ユークリッド空間内の幾何学 〕

ユークリッド空間を数学的に正確に理解することを目的として、ユークリッド幾何学の公理や基本的な定理を学びます。さらに非ユークリッド幾何学の成立に至る経緯を学び、双曲幾何学の具体的なモデルにおける計算手法を習得します。

[コンピュータ基礎]
授業紹介

数学教育用ソフトやExcel、数学の文書作成に有用なソフトウェアであるLaTexについて、学校現場での利用方法を具体的に考えながら、体験的に学びます。 この授業のねらいは、数学教育でのICT活用の目的・意義について理解を深めるとともに、数学教育固有のソフトウェアについて、その操作方法及び教育実践での利用方法を習得し、算数・数学科教育のためのICT活用指導力を高めることです。
そのため、数学教育用ソフトについては、ヒストグラム作成ソフトとしてSimplehist、関数ソフトとしてGrapes、2次元や3次元の図形を作図し動的に動かすことのできる幾何ソフトとしてCabriやGeoGebraなどの操作方法を習得します。 そして、これらソフトウェアを利用した教材開発やプレゼンテーションを通して教育実践での活用方法を習得します。

各々に決めたテーマで資料作成 使用方法、進め方をアドバイス
信州で学んだ体験を活かし、地元・千葉の中学校で数学の楽しさを教えたいです

数学教育に関する授業は、一回一回が深く考えさせられるもので、自分の気持ちや考え方が甘かったことを感じました。簡単な小・中学校の問題でも、その奥深くにあるものを学ばなければ、子ども達に教えることはできないと思いました。敬遠されがちな教科ですが、実習の授業で自分なりの工夫をすると、子ども達から「楽しい!」「面白い」などの声が聞かれました。子ども達のためにどうしたらよいか考えた成果が見られると、とてもやりがいを感じます。

※在籍する学年、および内容は平成25年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。