course
ホーム >

課程/コース > 国語教育コース

国語教育コース

「ことば」で拓く世界を学び、確かな言語観を得る

教育活動に限らず、人間世界のあらゆる社会的活動は「ことば」によってなされています。その「ことば」を学びの核とする国語教育コースでは、全教科の基幹をなす教科としての自覚のもと、国語科における教育内容のすべてを視野に入れながら、母語としての日本語の特質、日本の言語生活・言語文化の特色、日本語の表記や表現、子どもの発達とことばの学び、国語科教育の歴史などを研究します。それにより、確かな言語観と豊かな人間性に支えられた小・中学校教員の育成を目指しています。

主な科目
国語基礎 日本語学基礎 日本文学基礎 漢文学基礎 書道基礎
作文指導論 読解読書指導論 作文指導論

コースの特色

ことばに関するさまざまな有りようについて以下の4つの側面を中心に学んでいきます。
教科としての国語科はもとより、「ことば」に関わる全ての教科・活動で通用する「ことばの学びの専門家」を養成します。そのために、以下の専門領域を用意しています。

1. 国語科教育 小・中学校の国語教育で起こる諸問題を理論的・実践的に解明する国語科教育
2. 日本語学 言語の本質や日本語の体系・構造について、歴史的・科学的に探求する日本語学
3. 日本文学 古典から近現代に至る日本文学について、作家・作品・文芸理論を追求する日本文学
4. 書写書道 毛筆、硬筆指導に必要な理論と実技の基礎を学ぶ書写書道

カリキュラム

1年次の共通教育を経て、2年次から国語科教育・日本語学・日本文学・書写書道それぞれの研究室に所属し、指導教員や先輩とのあたたかな関わりを通して国語教育コースのかけがえのない一員として生活します。3年次からは教育実習や演習に参加し、4年次に卒業論文を完成させます。
共通科目のコンピュータ利用教育では、ことばの学びに関連して動画を制作したり教科書を調査したり、遠隔地の学校の子どもたちとネットワーク学習を行ったりします。
国語教師としての実践的力量を要請するために、小・中学校の国語教育に関する指導法を学ぶ科目では、模擬授業などの実践的活動を積極的に取り入れています。また、ことばの学びのプロとしての専門性を養成するために、「国語基礎」「日本語学基礎」「日本文学基礎」「書道基礎」など、各科目での知識を広く深く学びます。
演習科目では、国語科教育、日本語学、日本文学、書写書道それぞれの専門分野ごとに、少人数での演習科目が用意されています。ディベートやレポート発表など多彩な形式をとって、毎回、学生が主体的に授業を運営していきます。

近代文学特別演習
授業紹介

「演習科目」は、国語科教育、日本語学、日本文学、書写書道それぞれの専門分野ごとに、少人数で履修します。毎回の授業で課題をめぐる研究発表や討論などの活動が行われます。授業の主役は受講生であり、教員はコーディネートに努めます。
写真は、日本文学領域の中でも、明治期以降の文学を扱う授業の一場面です。
受講生はそれぞれの関心に基づいて作家・作品を選び、課題を発見し、自分の力で答えを導き出して研究発表に臨みます。「どうすれば星新一のショートショートを有効に教材化できるか?」「宮崎駿のアニメーションから読み取れる自然と人間との関わり方とは?」「動物を主人公にした児童文学の特徴は何か?」など、テーマは様々です。
授業までに作品を繰り返し精読することはもちろん、作品の時代背景を調べたり、作家の思想を知るために日記やエッセイを読んだりと、数多くの文献と向き合うことになります。図書館の常連になり、バイト代のほとんどが古書に化け、休憩時間にも文学の話題が出るようになった頃、誰も思いつかなかったような作品解釈やテーマを発見することがあります。その喜びは他では得られない自信につながります。
演習科目の準備は学生も教員も大変です。準備のために徹夜することも珍しくありません。そうした活動を糧にして、生涯忘れない授業を一つでも多く体験してほしいというのが国語教育コースの願いです。

近代文学特別演習の授業風景 議論を通して考察を深める

教師になるなら、ずっと好きだった国語について学びたいとこのコースを選びました。充実している授業の一つにゼミ形式の近代文学があります。一つの文学作品についてみなで話し合うと、人によって違う読み方と面白さの発見があり、新鮮な驚きがあります。また、実際の授業を想定し、子どもの反応を予想しながら授業を作り、改善点を話し合う指導法もあります。自主ゼミや勉強会など頑張る人が多く、同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨しながら学んでいます。

※在籍する学年、および内容は平成25年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。