course
ホーム >

課程/コース > 保健体育コース

保健体育コース

心と身体を育てる 運動の楽しみを進化させる

子どもたちの体力低下をいかに食い止めるか。
現代ほどスポーツや、体を動かすことの重要性がクローズアップされている時代はないかもしれません。

ボールがうまく投げられない子どもにどんなふうに教えたらよいのか、スポーツの楽しみを伝えるにはどうしたらよいのか。学校体育の授業は、運動が苦手な子どもたちに運動好きになってもらうチャンスでもあります。
本コースでは保健や体育の授業を興味深く、また面白く、楽しく指導することができる、人間味と情熱にあふれた教師の養成を目指しています。

主な科目
体育学基礎 体育基礎 中等体育実技基礎 運動学基礎
生理学基礎 衛生学・公衆衛生学基礎 学校保健基礎

コースの特色

スポーツの持つ面白さを子どもたちに伝えたい。スポーツを通して、健康で明るく思いやりのある子どもたちを育ててみたい。
そんな願いを持つ教師の養成を目指します。

そのためには、保健体育に関する基礎的な理論や知識と最新の身体科学や運動理論を深く学び、さまざまな種目における高い運動実技の能力を身につけるとともに、学習指導のための技術を修得して、保健や体育の授業づくりや授業マネジメントの実践的力量を高める必要があります。保健体育コースでは、このような理論と実践を有機的に結びつけるためのカリキュラムを構成し、小学校教員および中学校・高等学校の保健体育教員としての総合的な資質の育成を図ります。

カリキュラム

1年次の共通教育を経て、2年次より保健体育の授業づくりや授業マネジメントの専門的・実践的力量を高めていくために、初等体育科指導法基礎、中等保健体育科指導法基礎、中等保健体育科教材論、中等体育科指導法演習、中等保健科指導法演習といった「教科の指導法」に関する科目群を軸にしながら、教科の内容や方法について基礎的な理論や知識を習得する「教科に関する科目」群を履修します。

後者では、体育学基礎、運動学基礎、生理学基礎、学校保健基礎といった基礎理論領域の科目群と、運動指導の領域を構成する運動実技を中心とする科目群を並行的に履修します。

また、保健体育コースにおけるこれらの理論的学習を教育現場の教育実践における諸課題に結びつけていくために、1年次の教育臨床入門、2年次の教育臨床演習、さらに3年次以降の教育実習Ⅰ・Ⅱというように、各学年において臨床経験科目群が設定されています。

授業紹介

教育実習で得られた学びを深めるとともに、より高度な指導技術を身につけることをねらいとして、学生同が「教師役」と「子ども役」を演じる模擬授業を実施しています。子どもたちの発達段階を想定して教材づくりを行い、実際の授業さながらに作成した掲示物や学習カード等を活用して実施される模擬授業の様子は、まさに実践的です。

また、ビデオカメラを構えた「授業分析班」は、撮影した映像から体育授業に関わるさまざまなデータを集計し、それに基づいて授業を科学的に分析するということも行っています。

毎回の模擬授業終了後に開催される授業研究会では、よりよい授業の実現に向けて、子どもの目線から見た教師役学生の指導行動や教材の適否について活発に意見交換が行われます。「子どもたちが待ち遠しく思う体育授業」を追い求め、保健体育コースの学生たちは、極めて主体的かつ積極的にこの授業に取り組んでいます。

模擬授業の導入場面 模擬授業の様子をビデオ撮影
一人ひとりに合わせたアプローチで、体育好きの子どもを増やしたいです。

保健体育専攻は、スポーツをしながら子どもと向き合い、子どもにとってスポーツが良いものになるように日々勉強に励んでいます。毎日が楽しく、元気が取り柄です。2年時の生徒指導にかかる授業では、仲間と現代の子どもについて深く話し合うことができました。このような授業で様々な人と関わり、様々な意見を取り入れて自分自身を高めていきたいと思います。少しずつ大事にしたいものが見えてきました。信州大学は温かい仲間がいる素敵なところです!

※在籍する学年、および内容は平成25年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。