course
ホーム >

課程/コース > 英語教育コース

英語教育コース

世界とのコミュニケーション力を育てる

地球儀をグルリと回してみると、日本の外にはとても大きな世界が広がっていることがよく分かります。グローバル化が進み、世界中で人と人のコミュニケーションがどんどん活発化していく中で、その要となる英語の習得は子どもたちにとって大切な将来の糧となります。

英語教育コースでは、教職に就く学生が自信をもって英語を担当できる知性と教養を身につけるとともに、さまざまな演習などを通じて確かな指導力を育てること、そして英語という学問を通して豊かな人間性や国際性を培うことを目標にしています。

主な科目
英語科指導法基礎 英語科授業学 英語学基礎
英米文学基礎 伝達能力論基礎 教室英語コミュニケーション 異文化理解基礎

コースの特色

英語教育コースには英語科教育学、英語学、英米文学の3つの領域があり、学生はこれら3つの領域をバランスよく履修しつつ、中学・高校の英語科教員として十分な能力を身につけます。

英語科教育学では、最近の言語習得や指導法について学びながら英語によるコミュニケーション能力をどのように育成したらよいのかを考えます。
また、小学校の外国語活動をどのように進めていくのかといったことも学びます。英語学は英語という言語の仕組みや歴史、日本語との違い等を学ぶ領域です。英米文学では、優れた作家の英文を読み解くことで、文学作品の奥深さを鑑賞しながら高いレベルの読解力を養成します。英語学も英米文学も将来の英語指導に役立つ基礎知識を習得することを目標としています。

カリキュラム

英語科教育学、英語学、英米文学の3つの領域のうち、英語科教育学に関する授業は「英語科指導法基礎」「英語科授業学」「英語科評価論」等があります。

英語学の領域では「英語学基礎」「英語学と教材研究」「第二言語習得論」があり、英米文学の領域では「英米文学基礎」「英米文学と教材研究」があります。さらに「伝達能力論基礎」や「異文化理解基礎」等で、英語コミュニケーションや異文化理解の知識を 学びます。

「英語コミュニケーションリスニング」「英語コミュニケーションリーディング」「英語コミュニケーションライティング」により英語コミュニケーション能力を伸ばすと同時に、「教室英語コミュニケーション」を通して英語指導に必要な英語力を育成します。新学習指導要領で小学校に導入された「外国語活動」に対応するための「初等英語科指導法基礎」「小学校教室英語コミュニケーション」という授業は、小学生に対する指導技術やそのために必要な知識を身につけることを目的とした特徴ある授業となっています。

授業紹介

英語教育コースでは、実際に活動を体験しながら学んでいく演習と、英語教育に関連する知識を身につける講義を通して、英語教師として必要な技能や知識を習得します。

右上の写真は、小学校外国語活動の授業場面です。信州大学教育学部では、小学校の外国語活動に関する授業として、他には「小学校外国語活動内容論」があります。外国語活動のねらいや第二言語習得に関する理論だけでなく、活動を体験しながら指導方法を学びます。

右中の写真は、英語学の授業場面です。英語教師として必要な英語学、英米文学、コミュニケーションについても学びます。例えば、生徒が抱く疑問には次のようなものがあります。英語の比較表現で、-erや-estを付けて比較級や最上級にする形容詞・副詞と、moreやmostを付けて比較級や最上級にする形容詞・副詞が存在するのはなぜか。英語はスペリングと発音の関係が複雑なのはなぜか。このような疑問の解答は英語史の中にあります。
皆さんも、私たちと一緒に学びませんか。

小学校外国語活動の授業 英語学の授業

英語教育コースでは、英語教育についてはもちろん、幅広い国際問題について学び、日英の比較をしたり、英米文学を読んだり、英語についてさまざまなアプローチができます。オールイングリッシュで行われる授業もあります。また、指導案を書いたり、模擬授業を行ったり、英語教育について実践的に学ぶ機会も豊富にあり、とても充実感があります。私は英語がさらに好きになりました。私たちと一緒に皆さんも、興味を持つ世界を広げていきませんか。

※在籍する学年、および内容は平成25年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。