course
ホーム >

課程/コース > 地域スポーツコース

地域スポーツコース
本コースは平成28年度より学生募集を停止します。

夢と健康を支える力になりたい

潤いと生き甲斐のある生活が希求される時代、人々がスポーツ活動に求めるものも限りなく多様になってきています。地域スポーツコースではこのようなスポーツ活動のニーズに対応し、地域を明るくなごやかにする指導者の育成を目指しています。さらに、学校の教員や家庭と手を携え、動ける身体の形成を通じて、子どもたちが追いかけるスポーツの夢を支援し、その成長をともに喜び合えるようなスポーツ指導者の育成を目指しています。

主な科目
生涯学習概論 生涯スポーツ指導者論 実学生涯スポーツ論 健康教育概論
スポーツ科学概論 生涯スポーツ臨地演習 スポーツ社会学 スポーツ情報処理論

コースの特色

地域スポーツコースでは、地域と学校とを結ぶ「生涯スポーツ」の役割について教育学部の教員養成系のカリキュラムとも密接に連携しながら学びを深め、学校教育における「スポーツ教育」という意味や、子どもの潜在的な感性能力を開拓する「動ける身体」の教育を実現するための指導力を培うことができます。 これまでに、中学校・高等学校(保健体育)の教員や、スポーツ関係(スポーツメーカー、民間スポーツクラブ、企業スポーツ選手など)、一般企業、公務員(消防署・消防庁、警察、市町村役場)、福祉関係、青年海外協力隊などの地域スポーツ活動との関わりを視野に入れた職業に多くの卒業生を輩出しています。 また、1998年に開催された長野冬季五輪時の施設を有効活用することによって、冬季五輪に延べ6人の卒業生・在学生が出場し、うち1人が2010年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した実績があります。

カリキュラム

地域スポーツコースでは、必修科目としてスポーツ科学概論、運動発達論、スポーツコーチング論、スポーツ指導論、地域スポーツ論などを学び、生涯スポーツを射程に組み込んだ地域スポーツのあり方について学びます。3年次以降には大学での講義で学ぶだけではなく、フィールドと大学を往復しながら、スポーツ活動がその地域に住む人たちにとってどのような寄与となるのかについて体験的に学びます。
生涯スポーツ臨地演習は、学外における地域スポーツ等の関連の施設・機関において、指導方法や運営方法の実際を体験学習し、専門的な知識・技術、実践的な指導力をつけることを目指しています。自分の将来の希望や関心によって自分で実習先を決め、主体的に自分の演習を設計していくところに、この演習の大きな特色があります。

授業紹介

長野県には山はあっても海はありません。そんな地域性からか、本学の遠泳実習には50年を越える歴史が脈々と息づいています。上越市谷浜海岸は夏になれば〈長野の海〉となります。地元の方々は、信大の遠泳実習チームが毎年やってくることを待っていてくれます。海浜管理所のチーフも旧知の方です。学校にプールなどなかった時代から信大の学生は谷浜の海で遠泳実習をしてきました。いま、この歴史の中で育まれ伝えられた経験財が谷浜遠泳実習を可能にしています。

この遠泳を経験して卒業していった学生は数知れません。プール実習から始まり、谷浜の海に馴染み、いざ遠泳に臨む学生には良質の緊張感と不安が漂います。自分を信じ、仲間を信じ、励まし合い、しかし互いに寄りかからず......そんな2時間半。上陸と同時に感極まります。この達成感はまさに極上ものです。

遠泳実習 遠泳を終えて

幼いころから体を動かすことが大好きで、子どもたちに運動を教える指導者になりたいと思い、このコースを選びました。地域の施設などで行う臨地演習では、サッカークラブのジュニアユースの指導に関わり、選手の成長に関わる仕事の面白さや難しさ、やりがいを体験しました。また信州の自然の中で行った野外教育なども貴重な経験を得られたと思います。サッカーに本気で向かい活動しながら、教員になるために学業と両立させています。

※在籍する学年、および内容は平成25年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。