course
ホーム >

課程/コース > 心理支援教育コース

心理支援教育コース

現代社会にはさまざまな"こころ"の問題が存在しています。学校現場においても、不登校やいじめなど"こころ"が関係する問題や課題が山積している実情があることはみなさんもご存じでしょう。従来の教科教育に加え、このような課題に主導的に取り組める教師が、現場では必要とされているのです。本コースでは、人間の"こころ"の仕組みを探求する心理学をベースに、教育現場に役立つ心理支援の理論・技術を備えた教師を育成することを目指しています。

主な科目
学校適応支援実習 心理学実践領域演習 心理学検査法演習
心理学実験法演習 心理学統計法演習 心理学調査法演習
臨床心理学 社会心理学 臨床心理学と心理支援 学校における心理支援
子どもと家庭の心理支援

カリキュラム

1年次
心理学入門編の講義と一般教養科目が中心となり、いくつかの教職関係の科目もあります。中には心理学を英語で学ぶ授業や、心理支援の実情などが講義テーマとなる授業もあります。

2年次
心理統計法、観察法など、座学だけではなく、心理学の研究法や実践に関する専門科目が始まります。教員免許取得に向けた科目も多くあります。

3年次
教育実習に加えて、心理学実験や調査などの心理学研究法、心理学の理論やその応用を深く学ぶ講義や演習の科目など、より高度な学びのステージが用意されています。

4年次
学校適応支援実習として、市内の適応指導教室で実際に子どもたちと関わる実習があります。卒業論文作成のための研究活動にも取り組みます。

授業紹介
心理学検査法演習

心理学検査法演習
心理支援を行うには、その前段階として対象者が能力・性格を備え、どのようにして問題を抱えるに至ったかを分析する必要があります。本演習では、心理学独特な分析方法である「心理検査」について学びます。

神経心理学

神経心理学
人間の発達や行動、およびそれらの障害の背景にある、脳の仕組みや働きを学びます。メカニズムを理解することは、うまくいかないときにどうすればよいかを考える手がかりとなります。

臨床心理学と心理支援

臨床心理学と心理支援
人と人が出会う心理支援の中心にあるのは、「コミュニケーション」です。本演習では、日々の辛さを和らげ、前向きな力を引き出すためのコミュニケーション技術を学びます。

当コースの教員は臨床心理士資格を有した心理支援の専門家

新設の心理支援教育コースでは、不登校やいじめ、学力不振など学校生活に苦戦する子どもたちに向き合い、そこにある課題やその背景を把握し、適切な心理支援ができる教師の育成を目指していきます。本コースの教員は、臨床心理士資格を有した心理支援の専門家です。学生一人ひとりの学びのニーズに応えられるよう、アットホームな雰囲気の中で教員も協力しながら連携を密に取り組んでいます。

※内容は平成27年インタビュー当時のものです。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。