大岡(わらわらくらぶ、通学合宿)記事詳細

聖三千石祭り

09年11月05日

11月になり、大岡は本当に紅葉がきれいです。どうも、つっくんです。

11月1日に聖三千石祭りに参加してきました。今回参加の学生は、県短生、信大生合わせて17人!昨年までは、農村女性ネットワークの方のお手伝いで祭りに参加していましたが、今年からはこちらのほうからお願いして、昨年のお手伝いに加えて、自分たちのブースを持ち、ステージでソーラン節を踊りました。

ブースではプラバン作りと「割り箸ダーツ」、「万歩計で何万歩?」というゲームを行いました。ゲームでは、大岡小の子どもたちが何回も自分の記録に挑戦していました。

つっくんは午前、農村女性ネットワークの方のお手伝い、野菜を売りました。

いらっしゃいませ、いかがですか?

なれない仕事でも、元気にやっていれば慣れてだんだん楽しくなってきました。ほかにも、お客さんに食券を売る係りやそばをお客さんに提供する係りなど仕事内容はさまざまで、おばあちゃんたちに怒られながらも仕事をマスターして、それぞれの場所で学生が活躍してくれました。

そしてお昼のソーラン節。学生17人と土井先生の18人で踊りました。ここまで練習をしてきて、筋肉痛の足にむちを打ちながら踊るみんな・・・・・・。終わった後の地域の方からの大きな拍手がとってもうれしかったです。

午後は午前の仕事分担を交換!つっくんは大学生ブースへ。そして、みんなと一緒に割り箸ダーツとプラバンを楽しみました。そして、恒例のビンゴ大会!!こんなに盛り上がるビンゴ大会は他に見たことないぐらい盛り上がります。つっくんはこれまで大岡での2回のビンゴ大会、両方で景品をいただいてきました。そして、今回は・・・・・・、いつも通りリーチになり!隣の子もリーチ、あれっ前の子も・・・

前「ねぇ、何番ならビンゴ?」

つ「俺、7番」

前「えっ、俺も7番だけど!」

隣「僕も7番!(笑)」

・・・みんなで7番こーいといっていると本当に7番が!!無事3人とも景品をもらいました!!

まぁ、こんな感じでお祭りは終了。今回は子どもとだけでなく、地域の人と深く楽しく関わる活動でもありました。大岡は限界集落で高齢化率は60パーセントを越えています。その大岡という地域を学生のパワーで盛り上げたい、そんな思いで臨んだこのお祭り。おばあちゃんたちから「ソーラン節よかったよ」「ありがとう」といわれたことがすごくうれしかった活動でした。

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。