about
ホーム >

教育学部について > 教育学部概要

教育学部概要

理念

教育学部は、信州の恵まれた自然環境と教育を尊重する県民の気風や風土の中で、豊かな人間性と専門的知識及び実践的能力を身につけた、明日の教育を担う人材を育成します。

教育学部では、子どもたちの学びを支援する場ではたらく総合的な「知=力」を「臨床の知」と呼び、附属学校園との一体化はもとより、教育委員会や諸学校との連携を深め、地域や家庭との協力のもと、実践的な知の体系としての「臨床の知」を核とした教育を目指します。

目標

教育養成の伝統と実績を踏まえ、「臨床の知」の理念のもとに、次の目標を掲げて教育研究を行ないます。

  1. 高度な専門知識と実践的な教育技術を身につけ、豊かな教養と創造性に溢れた教育者を育成します。
  2. 附属学校園を積極的に活用し、新たなカリキュラムや教材の開発、指導法の工夫など教育現場に役立つ教育研究を推進します。
  3. 教育委員会や地域の諸学校と連携し、不登校や学力問題など多様な教育課題に対応し、専門的な支援を行います。
  4. 地域社会の要請に応えるため、生涯教育、リフレッシュ教育、現職教育等を充実させ、開かれた教育・研究体制を構築します。

信州大学教育学部沿革

明治6 長野県師範講習所 筑摩県師範講習所
明治7 筑摩県師範学校
明治8 長野県師範学校
明治9 長野県師範学校松本支校
明治16 長野県師範学校松本に統合
明治19 長野県尋常師範学校
明治21 長野県尋常師範学校 女子部設置
明治30 長野県師範学校
明治35 松本女子師範学校と統合
長野県師範学校(男子部) 長野県師範学校(女子部)
大正7 長野県実業補修学校教員養成所
昭和10 青年学校教員養成所
昭和18  
昭和19 長野県立長野青年師範学校
昭和24 信州大学教育学部(長野本校・松本分校)発足
昭和41 教育学部松本分校廃止
附属志賀自然教育研究施設設置
昭和42 養護学校教員養成課程設置
附属幼稚園設置
昭和48 幼稚園教員養成課程設置
昭和49 附属教育工学センター
(平成4年に附属教育実践研究指導センター転換)
昭和50 附属養護学校設置
平成3 大学院教育学研究科(修士課程)設置
平成7 生涯スポーツ課程設置
(平成11年に小学校教員養成課程、中学校教員養成課程、幼稚園教員養成課程は学校教育教員養成課程改組)
平成11 教育カウンセリング課程設置
附属教育実践研究指導センター
(平成11年に附属教育実践総合センター転換)
平成20 養護学校教員養成課程を特別支援学校教員養成課程に名称変更
平成24 講座の増設と再編成(言語教育、社会科学教育、数学教育、理科教育、技術教育、家庭科教育、音楽教育、美術教育、スポーツ科学教育、教育科学、特別支援教育)

〒380-8544長野市西長野6の口 信州大学教育学部
電話番号等は【お問い合わせ】をごらんください。