• 交通・キャンパス案内
  • オープンキャンパス
TOP > 研究活動 > 研究会

研究会

信州大学経法学部において月1回のペースで開催される「研究会」は、経済学、経営学、法学、政治学など、社会科学諸分野の研究成果 について報告・議論する場を提供し、さまざまな研究トピックスに関して相互理解を深めるとともに、研究者間でのコミュニケーションの促進を図ることを目的としています。
構想段階の研究や調査進行段階の研究も発表可能であり、研究者間の意見交換を通 じて研究内容の発展を図るなど、建設的な議論が展開されています。また、報告者は信州大学の教員にとどまらず、他機関の研究者も積極的に招き入れ、より広範なトピックスを取り扱うことを目指しています。
開催スケジュールと内容については、本ホームページに随時掲載する予定です。

  • 日 時 2017年5月24日(水) 18:00~19:30
    場 所 研究会室
    報告者 寺前慎太郎氏(信州大学経法学部講師)
    テーマ 会計帳簿等閲覧謄写請求における理由の具体性と閲覧謄写対象の限定
    ―東京高判平成28年3月28日金融・商事判例1491号16頁―
    要 旨 本報告は、東京高裁平成28年3月28日判決(金融・商事判例1491号16頁)を検討するものである。なお、同判決は、長野地裁松本支部平成26年7月17日判決(金融・商事判例1491号29頁)の控訴審判決である。
  • 日 時 2017年4月19日(水) 17:30~19:00
    場 所 研究会室
    報告者 丸橋昌太郎氏(信州大学経法学部准教授)
    テーマ GPS最高裁大法廷判決の意義等について
  • 日 時 2017年3月23日(木) 17:30~19:30
    場 所 研究会室
    報告者 島村暁代氏(信州大学経法学部准教授)
    テーマ ブラジルの社会法制激動の2016年
  • 日 時 2017年3月23日(木) 17:30~19:30
    場 所 研究会室
    報告者 中根倫拓氏(信州大学法科大学院助教)
    テーマ スイスの親告罪調停制度
  • 日 時 2017年2月8日(水) 17:30~19:00
    場 所 研究会室
    報告者 濱田新氏(信州大学経法学部講師)
    テーマ 不作為による幇助の処罰範囲の限定について

pagetop