• 交通・キャンパス案内
  • オープンキャンパス
TOP > 授業紹介

西山 宏 先生(株式会社デンソーエアクール 代表取締役社長)の講義が行われました

西山 宏 先生(株式会社デンソーエアクール 代表取締役社長)の講義が行われました

2017. 11.08

  • 経営者と企業

 平成29年11月8日、平成29年度「経営者と企業」第4回の講義として、株式会社デンソーエアクール 代表取締役社長 西山 宏氏から「いつでも夢を」と題して講義が行われました。

 まず第一部として「会社」をテーマに、会社の沿革・概要と製品分野、その特色と強みを極めるための生産現場での取り組みについてお話しいただきました。同社は1966年にゼネラルエアコン株式会社として設立後、GAC株式会社と社名変更ののち、2016年には50周年を迎えられ、社名も新たに株式会社デンソーエアクールとなり成長を続けておられます。経営方針として「魅力ある価値を創造し、お客様に喜びを提供する」ことを掲げ、バス用エアコンや農・建機用エアコン等のフリート事業や、業務用のスポット空調・IT冷却空調等の住設・F&O事業を展開、幅広い分野において熱技術で社会に貢献され、多くの技術・製品が賞を受け評価されたと御紹介いただきました。モノづくりの紹介においては、「熱技術で社会の小さな声にも応える」というコーポレートミッションを軸として、多種少量生産分野でのコスト競争力を意識した製品開発から生産までの一連の過程における様々な工夫を重ねています。この安曇野から世界への飛躍を目指し、全社員とともに社会の共感を得られる会社となるべく日々、努力を重ねていかれると述べられました。

 第二部では「私」と題し、御自身についての履歴を等身大でお話しいただきました。社会人となり3年後、「大きな夢を持ち、思いのままに生きてみたい」と退職を決意し、起業されたものの結果がともなわず借金を背負うこととなりましたが、この後から初めて会社とまともに向き合い、現在の会社で業務改善をすることでスパイラルアップへとつなげられました。その後、新しい職場にうつり係長に任命されたことが転機となるわけですが、ここで多くの経験と苦労をされたと語られました。ゼロからのスタートは上司や部下、現場に積極的に接し、知恵と技術を自分のものにしてゆくことが自らの成長や固有技術の習得につながり、今の自分の礎になっていると振り返られました。

 以降、会社組織の大幅な改革や海外赴任を経て2017年、社長に就任されましたが「いつでも夢(こだわり)を持ち仕事を楽しむ」ことにより「新しい世界が見えてくる。仕事が変わる。会社が変わる」と話し、講義を締めくくられました。

  • (株)デンソーエアクール 代表取締役社長 西山宏氏
  • 講義風景

pagetop