入試情報

学部入試に関するFAQ

ここでは、受験生の皆さんからよくあるご質問(Frequently-Asked Questions)についてお答えしています。
入試に関する基本情報は、「学部入試情報」のページをご覧ください。
過去問題は、前期日程・総合問題はここから、後期日程・小論文はここから、pdfでダウンロード可能です。

入学試験

前期日程の個別学力検査「総合問題」とは、どのような問題ですか?
センター試験では計りにくい能力を計るための試験です。
それはどのような能力ですか?
これまでに学んだことを基に思考し、問題を発見・解決し、更にそれらを表現する能力などです。特に、文章理解力と、その理解に基づいて判断し表現する能力(すなわち簡潔かつ説得力のある文章が書けるかなど)が評価の重要なポイントです。
過去の問題を閲覧できますか?
はい、できます。
ネット上ではPDF形式にて出題例を見ることができます。
人文学部入試事務室(学務係)で閲覧できます。

いわゆる「小論文」と人文学部の「総合問題」とは、どこがちがいますか?
いわゆる「小論文」とは、あるテーマ(あるいは小文)を掲げ、それについての考えを述べるものでしょう。これに対し、本学部の「総合問題」は、分野も言語も性質も相違する(高校までの教科目の枠を横断した)さまざまな文献・資料を正確に読み解きながら、それらの主張や性格を的確に把握したうえで、すべてに共通する視点を自ら見出し、設定して、論理的な脈絡をつけながら批評を加えつつ、独自の考えをまとめてゆく、というものです。英語力・国語力など言語・文章に関する理解力・表現力とともに、広い分野に対する興味や関心のあり方が客観的に測られます。
大学では、先生の講義を聞くだけではなく、レポートを作成し、またゼミで発表をすることなどがふだんの勉強のかたちです。自分の関心あるテーマをより深く、学問的に勉強していくためにはすぐれた思考力と表現力が必要とされます。こうした素養・資質があるかどうか、そのことを問う問題が「総合問題」なのです。
以下に、入学者から寄せられた「総合問題」の「対策」として行った勉強の例を挙げます。(あくまで参考までに。)

  • 「読書に努め、多種の新聞記事に目を通し、自分なりの意見をまとめる工夫に努めた」
  • 「岩波文庫や講談社新書など、教養書を出来るだけ多く読んだ」
  • 「文藝春秋社編『日本の論点』を読んだ」
  • 「とにかく自分の考えをもつよう思索にふけった」
  • 「過去の問題・関連書を読み、長い文章を要約する練習をした」
  • 「毎日、300字程度の文章を書く訓練をした」
  • 「新聞の社説を読みそれに対する自分の考えを書く練習をした(国語の先生に添削をしてもらった)」
  • 「学生向け英字新聞の記事を1日に1つ読み大意を掴む練習をした」
後期日程の個別学力検査「小論文」とは、どのような試験ですか?
センター試験では計りにくい能力をはかるための試験です。個別教科の学力を問うというよりも、総合的な問題発見・解決能力を試すことに主なねらいがあります。
センター試験では計りにくい能力とはどのような能力ですか?
これまでの学習を基礎として、与えられた資料を読み解き、思考し、想像し、問題を発見し、解決し、それを自分の言葉でまとめて的確に表現する能力です。特に、課題の資料などを理解し、それに基づいて判断したり自分の考えを表現できる能力(例えば、読解力とともに論理的で説得力ある小論文作成の能力)が評価の重要なポイントです。
推薦入試は実施しないのですか。また、その予定はありますか?
現在実施しておらず、また、当面その予定もありません。

3年次編入学試験について

3年次編入学試験は実施していますか?
はい。実施しています。すべての分野に出願可能です。
過去の入試問題について閲覧できますか?
はい、できます。
人文学部入試事務室(学務係)で閲覧できます。

科目等履修生・研究生・聴講生について

科目等履修生・研究生・聴講生の制度はありますか?
あります。これらについては、人文学部学務係(0263-37-2236)へお問い合わせください。

FAQをご覧になって、なお人文学部の入試・入学に関してご不明な点がございましたら、 jnyushi@shinshu-u.ac.jpまでお問い合わせ下さい。なおその際安全性のため、添付ファイルやリッチテキスト形式(≒HTML形式)のメールはご使用にならず、テキスト形式でお願いします。
※Outlook Expressをお使いの方は、「メッセージの作成」の「書式」タブで「テキスト形式」を選択して下さい。

要項などの書類を希望される方は上記のメールアドレスではなく、全学学生募集案内・信州大学案内等の発表予定・請求方法のページをご参照ください。

専門分野

それぞれのコース・分野ではどのようなことが学べるのですか?

それぞれのコース・分野のブログをご覧ください。また、具体的な授業の内容については、それぞれのコース・分野の教員名でのシラバス検索を推奨します。
専門分野の詳細に関しては、他に学部案内(ガイドブック)もご覧ください。

以下の各分野ブログのよくある質問等のエントリーも合わせてご覧ください。

■哲学・芸術論コース

・哲学・思想論分野
 > 入門編
 > 中級編

芸術コミュニケーション分野

■文化情報論・社会学コース

・文化情報論分野[準備中]

社会学分野

■心理学・社会心理学コース

心理学分野

社会心理学分野

■歴史学コース

西洋史分野

・東洋史分野[準備中]

・日本史分野[準備中]

■比較言語文化コース

比較文学

中国語学・中国文学分野

ドイツ語学・ドイツ文学分野

フランス語学・フランス文学分野

■英米言語文化コース

英語学分野,英米文学分野

■日本言語文化コース

日本文学分野

日本語学分野,日本語教育学分野

専門分野に進むのはいつですか? また、志望した分野に必ず進むことはできますか?
2年生の4月から、専門分野に進みます。1年生で所定の単位を修得が2年次進級の条件となりますが、11〜12月の進級ガイダンス、1月に行われる専門分野ごとの進級面接を経て、専門分野が決まります。

志望した分野に全員が進めるとは限りません。各分野での教育に支障が出ないよう、志望者が一定数(分野によってことなります)を超えた場合、志望理由の明確さや1年次の成績を参考に選抜が行われることがあります。

進級にあたっては、ガイダンスや面接、個別相談などを通して、志望分野のイメージと実際の姿のズレがないかをしっかりと見極め、進級学生と進級分野のミスマッチをなくすことが重要になります。そのためにも、志望分野が提供する概論や、志望分野の教員が担当する共通教育の教養科目を1年次に履修することを推奨しています。

学生生活

学生生活に関する基本情報は、学生総合支援センター「学生生活」のページ、および『信大生活ガイド2013-2014』をご覧ください。

他学部との交流はありますか?
信州大学は8学部を擁する総合大学です。また、外国からの留学生も多く学んでいます。したがって、さまざまな学部とはもちろん、さまざまな国から来た留学生とも交流ができます。部活動・サークル活動は全学部の学生が参加しています。また、1年次に主に学ぶ共通教育は全学部共通であり、2年次進級後も他学部の授業の受講が可能です。(ただしいくつか制限があります。)
学生寮について教えてください
1年生が入ることのできる「こまくさ寮」は、大学から歩いて10分程度のところにあり、二人部屋で食事もでます(食事は別途料金がかかります)。部屋にはベッドや机が、共同では洗濯機、冷蔵庫なども完備しています。部屋の数には限りがあるため希望者全員が入居できない場合もあります。

学生寮およびアパート・下宿等の住環境に関する詳しい情報は、学生総合支援センター「学生寮・アパート・下宿」のページをご覧ください。
合わせて、『信大生活ガイド2013-2014』のこちらのページをご覧ください。
サークルについて教えてください
50を超える部活と160を超える公認サークル等があります。全国大会等で優秀な成績を残す部活動やサークルも多く、盛んに活動が行われています。

サークルおよび課外活動に関する詳しい情報は、学生総合支援センター「課外活動・サークル」のページをご覧ください。

合わせて、『信大生活ガイド2013-2014』のこちらのページをご覧ください。

留学

留学に関する基本情報は、グローバル教育推進センター「留学応援サイト」をご覧ください。

留学するには特別な条件がありますか? 留学は難しいですか?
交換留学(大学間国際学術交流協定締結大学への留学)の場合には、協定により、派遣できる人数が決まっており、書類選考と選抜面接があります。また、語学能力試験で一定以上のスコアが求められることがあります。
私費でその他の大学や語学学校に留学する場合には、各自の計画で行うことができます。
留学期間はどのぐらいですか?
交換留学の場合は、最長で1年短期となります。
私費でその他の大学や語学学校に留学する場合は、各自の計画で行うことができます。
留学のタイミングは?
各々異なります。2年次〜4年次さまざまです。交換留学私費留学問わず十分な準備期間が必要となります。(交換留学の場合、出発の約10ヶ月前までに派遣希望の大学の必要要件をクリアし、必要書類を整えて学内でエントリーする必要があります。)
グローバル教育推進センター「信州大学から海外へ」のページも参照してください。
留学の体験談を聞きたいのですが?
信州大学グローバル教育推進センターでは、海外留学の体験談を含む、「海外留学のすすめ」という動画をYouTubeで公開しています。

免許・資格

人文学部で取得できる免許や資格にはどんなものがありますか?
次の免許と資格がとれます。(平成25年8月現在)

■免許(教育職員免許状)
・高等学校教諭一種免許状(国語、地理歴史、公民、英語)
・中学校教諭一種免許状(国語、社会、英語)

■資格
・学芸員
・社会調査士

また、免許・資格とは異なりますが、日本語教員養成副専攻課程を設けて、所定の単位を修得したものには証明書を交付しています。
免許や資格などを取得するためには、正課の科目に加え、どれだけ多く単位をとる必要がありますか?

免許(教育職員免許状)
高校のみ:卒業に必要な単位に含めることのできない単位の合計は26単位
中学のみ、もしくは中学・高校両方の場合:卒業に必要な単位に含めることのできない単位の合計は34単位になります。


資格など
学芸員:文部科学省令で定める科目の単位習得が必要
社会調査士:卒業に必要な単位の中で取得可能
日本語教員養成副専攻課程修得証明書:卒業に必要な単位の中で取得可能


免許・資格などいずれの場合も所属するコースによっては、単位履修計画に工夫が必要になる場合があります(例:文化情報論コースで英語や国語の教職員免許状を取得しようとする場合)。

なお、3年次に編入学した場合免許(教職)は、元の短期大学等で取得した免許(教職)関連単位の多くは認定されます。

小学校の教員免許は取得できますか?
取得できません。
司書資格を取得できますか?
取得できません。ただし、人文学部に通いながら、通信教育や短期講習会で取得する方法もあります。詳しくは、文部科学省サイト内の「司書について」などを参照してください。
臨床心理士の資格を取得できますか?
取得できません。臨床心理士の資格取得には、日本臨床心理士資格認定協会の指定を受けた臨床心理士養成に関する大学院修士課程(博士前期課程)の修了が必須ですので、どの大学であれ大学卒だけでは取得できません。

本学部から、受験を経て日本臨床心理士資格認定協会の指定を受けた臨床心理士養成に関する大学院修士課程(博士前期課程)へ進学することは可能ですし、先例もあります。

詳しくは、日本臨床心理士資格認定協会ウェブサイトをご覧ください。

奨学金・授業料免除

奨学金について教えてください。
日本学生支援機構による奨学金をはじめ、地方公共団体、民間団体などによる奨学金があります。なお、奨学金には、貸与型(返還の必要があるもの)と給付型(返還の必要がないもの)があります。

高校在学中に予約申請できる奨学金もありますので、希望者は情報をしっかりチェックしてください。

また、奨学金以外にも、授業料免除や徴収猶予・月割分納もあります。

奨学金・授業料免除などに関する詳細は「学生総合支援センター」の「授業料免除・奨学金」のページを参照してください。

就職・進路

人文学部は就職に不利なのでしょうか?
人文学部では資格や技能を直接学ぶことはありませんが、社会とは何か、人間はいかに生きるべきか、といった、就職後にはなかなか考えることができない、にもかかわらず人間の基本となるような問題に取り組むことを通して、文系大学卒に求められる力(思索力・批判力・開拓力・需要力)や能力、リテラシー(メディアリテラシー、コミュニケーションリテラシー、外国語能力、企画構想能力)を持つ人間を育成しています。したがって、人文学部「だから」就職に不利ということはありません。
人文学部を出て就職に有利な点はありますか?
人文学部出身者を求めている職場は、上記の就職先からもわかるように、広範に存在します。人文学のどの領域を学びたいかを明確にし、深く学び、その上で自分自身の適性をよく知ることによって、就職における出会いのあり方が違ってきます。

なお、大卒(文系)に求められる主な資質は、「知識や情報を集めて自分の考えを導き出す能力」「理論に加えて実社会とのつながりを意識した能力」・「論理的思考」「表現力・プレゼンテーション能力」等とされています(経団連・経済同友
就職のサポートはありますか?
年2回の就職ガイダンスで人文学部に合った就職対策講座や就職活動体験講話を行っています。より実践的な対策も行っていますが、大学全体の就職サポート(下記参照)もありますので人文学部独自の取り組みを意識しています。その他就職インターンシップ体験実習も正規の授業に組み入れ実施しています。

また、「現代職業論 I」(参照:平成25年度シラバス)のように、職業の意義や就職に必要なスキルついて考える授業や、「現代職業論 II」(参照:平成25年度シラバス)のように、社会の第一線で活躍している人文学部卒業生が、人文学と社会、就職活動、働くことの意味と喜び、職場と人間関係などについて講義する授業もあります。

大学全体としては、キャリアサポートセンターがさまざまな就職のサポートをおこなっています。
公務員就職対策の授業などはありますか?
大学は就職予備校ではないので、直接試験対策は実施していません。学業のなかで社会とふれあう授業もあり、公務員試験の前提になる社会常識に学ぶことは意識すれば十分可能でしょう。

実践的には、大学生協が公務員試験対策講座を開いており、人文学部からも多くの学生が参加し、優秀な合格実績を示しているようです。
卒業後は、どのようなところに就職しているのですか?

教員・公務員、卸売業・小売業、製造業、情報通信業、金融・保険業が比較的多くなっていますが、就職先は多岐にわたっているのが人文学部の特徴です。以下は近年の就職先の企業名一覧です。

信越放送、名古屋テレビ、山梨放送、読売新聞、信濃毎日新聞、朝日新聞、NHK、河出書房、小学館、旺文社、中央出版、大日本印刷、八十二銀行、長野銀行、長野県信用組合(けんしん)、新潟交通、ファーストリテイリング(ユニクロ)、東京海上火災保険、住友生命、損保ジャパン、大和証券、日本航空、キャセイパシフィック航空、JTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、星野リゾート、日本通運、東京電力、中部電力、NTT、松阪屋、高島屋、資生堂、久光製薬、パナホーム東海など

また、就職以外に、大学院(学内学外、国内海外問わず)などに進学する学生も数多くいます。

なお、卒業生の声は受験生用特設サイト「人文人になろう!」「多様な就職先・進学先」のページで読むことができます。

最新の卒業後の進路については、『信州大学大学案内2013-2014』こちらのページも合わせてご覧ください。

長野県内に就職する人が多いのでしょうか?
年によって変動があります。過去5年の平均では、長野県内への就職が4割程度です。ちなみに、長野県出身の人文学部入学者は例年人文学部全入学者の3〜4割です。

トップページ 受験生の方へ 学部入試に関するFAQ

ページの先頭へもどる