教員紹介

やまもと えいじ

山本 英二

日本史 教授

教員 BLOG

一覧を見る
史料調査

長野県栄村文化財救出活動

被災した土蔵

2011年8月7日・8日、信州大学人文学部の日本近世史・日本文学の教員・院生・学生の有志で、栄村の文化財レスキューに参加してきました。この活動は、「地域史料保全有志の会」(代表・白水智〈中央学院大学〉)の呼びかけに応じたものです。  3月12日未明、長野県北部は、栄村を中心に激しい地震に襲われました。豪雪地帯でもあるため、今年の雪解けから、10月の降雪までの短期間に活動をしなくてはなりません。今回は古文書だけでなく、民具の保全・救出がおこなわれました。  今後も、継続的に手伝っていきたいと考えています。

救出された民具
救出活動風景

トップページ 教員紹介 山本 英二 ブログ 長野県栄村文化財救出活動

ページの先頭へもどる