教員紹介

おおぐし じゅんじ

大串 潤児

日本史 准教授

教員 BLOG

一覧を見る
こんなことしています(研究)

佃島 小さい旅行 2013年6月

月島から佃島へ

開発がすすむ地区を望む佃小橋

2013年6月5日、仕事で「佃島」へ行きました。 石川島の人足寄場(跡)も初めて見ました。 東京都教育委員会『江戸から東京へ』でも紹介されていますが、湾岸開発のポストモダンなビルと、佃島の家並みの対象に考えさせられることが多い一日でした。 『江戸から東京へ』はもちろん批判的に読まなければなりませんが、同時にこの地域に暮らし人にとってこうした歴史叙述=「教材」はどのような意味をもつのだろうか、率直に聞いてみたいと思った梅雨の晴れ間の小さな旅でした。 ※家族には「天安」の佃煮がお土産でした。

トップページ 教員紹介 大串 潤児 ブログ 佃島 小さい旅行 2013年6月

ページの先頭へもどる