教員紹介

みたに なおずみ

三谷 尚澄

哲学・思想論講座 准教授

教員 BLOG

一覧を見る
授業関連

西洋思想特論

下記の通り、第一回目のレポート課題を出してあります。

木曜日(=振り替えで月曜授業)に出席しておらず、レポートの話を聞いて今日あわてて出てきた、という感じの人が多かったので、念のためもう一度アナウンスしておきます。詳細は以下の通り。

#####
テーマ:授業中にあつかわれたことであればなんでも可。
枚数:原則として、400字原稿用紙5~10枚程度(A4で1~2枚程度)。
締切り:原則として、次回の授業日(=5/18月曜3限)。
#####

「枚数」と「締切り」に「原則として」の断り書きが入っていることの理由は単純です。

「どうしてももっと書きたい」というなら枚数を増やしてもらってかまいません。また、「どうしても書きたいことが書ききれなかった、もっと時間をかけて準備したい」というなら(一声わたしに断りを入れたうえで)納得いくまで、時間をかけて書いてもらってさしつかえない、ということです。

(*ただし、当然の処置として、常軌を逸して長いレポート、常軌を逸して遅い時期に提出されたレポートに関しては、「費やされた枚数に見合っただけの内容であるか」、「費やされた時間に見合っただけの内容であるか」を採点の項目として付加します。)

レポートの書き方、レポートの採点の基準に関しては今日の授業で時間をかけて説明したとおりです。

その他、質問等があればその旨をメールするなり直接質問に来るなりしてください。また、提出されたレポートに関して個別にコメントを希望する人があれば、その旨をわたしまでメール等で連絡してください。個別に時間をとって対応するようにします。

以上です。

トップページ 教員紹介 三谷 尚澄 ブログ 西洋思想特論

ページの先頭へもどる