教員紹介

いそべ みほ

磯部 美穂

ドイツ語学・ドイツ文学 准教授

教員 BLOG

一覧を見る

国際交流シンポジウムを終えて

Willkommen Oesterreich!

先の10月7日(月),人文ホールにて,外国語サロンの一環として,国際交流シンポジウム「Willkommen Oesterreich!―オーストリア三都物語」が開催されました。お招きした三名の先生方に,ウィーン,グラーツ,インスブルックの三都市について,歴史・文化・言語など様々なテーマでお話をしていただきました。どの講演もとても興味深い内容で,聴講者は60名(うち学生35名)を超えるなど,大変な盛会となりました。 私たち日本人には,同じ言葉を公用語とする他国は存在しません。また,外国へ行くには船に乗るか,飛行機に乗らなければなりません。同じ言語を公用語とする大国が存在し,山の中に隣国との国境がある国・オーストリア。その国に住む(住んでいた)人々が語る「アイデンティティ」について,私たちが正確に理解することは難しいような気がしました。しかしながら,グローバル化が進み,様々な「境(Grenze)」が取り払われていく過程の中で,ひょっとして私たちもこれから経験していくことになるかもしれません。 ディスカッションの中で,「国籍でいうなら私はオーストリア人です。私はオーストリアで生まれた。私は幸運にもオーストリアで生まれた。ただそれだけです。」という言葉が私にはとても印象的でした。 今回のシンポジウム開催にあたり,人文学部国際交流委員会,人文学部後援会より多大なるご支援をいただきました。この場をかりて,厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

トップページ 教員紹介 磯部 美穂 ブログ 国際交流シンポジウムを終えて

ページの先頭へもどる