教員紹介

はやさか としひろ

早坂 俊廣

哲学・思想論 教授

教員 BLOG

一覧を見る
中国関係 寧波プロジェクト

瑞雲楼

王陽明は成化8年(1472)に、余姚城内の瑞雲楼で生まれた。下の写真は現在の瑞雲楼である。

haya38.jpg

内部には、王陽明に関する解説展示やhaya39.jpg瑞雲楼修復に拠金した日本の人々を讃える石碑などがある。haya40.jpg


私が瑞雲楼を訪れたのは、今回で3度目である。第1回目は、杭州市で在外研修を行っていた時に、瑞雲楼の修復記念行事が行われるとの話を聞きつけ、修復に 尽力された日本の方々の訪問団に紛れこませていただいた。その時は、ホテルからパトカーの先導するバスで近くまで行き、地元の方々の歓迎の輪をくぐって瑞 雲楼に入っていった。確か1996年のことである。

第2回目は、2002年に浙江省の調査をしたときに、中国人の友人に連れて行ってもらった。何せ1回目はパトカーに先導されて入ったため、場所がよ く理解できなかったからだ。だが、その当時の余姚市は再開発ラッシュの最中で、街の景観は一新しており、その友人も中国思想が専門というわけでもなかった ので、場所を見つけるのに結局かなり苦労した。

今回は、専門家中の専門家に連れて行ってもらったため、何の苦労もなく見つかった。ただ、ショックだったのは、以前は民家の中をくぐって入っていた瑞雲楼が、大幅に拡張されつつあり(現在工事中)、前回見た民家                          haya41.jpg
が根こそぎ無くなっていたことだ。つまり、こんな洗濯物はもう見られないのである。

瑞雲楼に言わせれば、本来の規模に戻ろうとしているだけということであろう。とにかく、変わり続ける中国にとまどうばかりである。

なお、地元余姚に密着した思想史関連の研究として、諸煥〔火山〕著『学津求索』(2000年、中国戯劇出版社)がお勧めである。

トップページ 教員紹介 早坂 俊廣 ブログ 瑞雲楼

ページの先頭へもどる