教員紹介

はやさか としひろ

早坂 俊廣

哲学・思想論 教授

教員 BLOG

一覧を見る
中国関係 寧波プロジェクト

慈城鎮(3)

慈城鎮では、「県衙」のほかに「孔廟」と「校士館」などを見て廻った。

「孔廟」とは、孔子を祀ったみたまやで、明代の建築物のはずだ(資料が研究室の引越しでダンボールの中に入ってしまっているので、一応、断言は避けておく)。

haya56.JPG

この写真だと、ずいぶんきらびやかな感じがするが、建物全体からは、むしろ寂びた印象を受ける。

haya57.JPG

儒教は宗教か否かといった議論は、はるか昔から絶えることなく続けられているが、この「孔廟」を見て、少なくともここは宗教施設だという感触を抱いた。

「校士館」は、さしずめ「科挙博物館」といったところ。こちらは、「県衙」同様、きれいで立派な建物と最先端の技術を駆使した展示とが、慈城鎮全体の雰囲気のなかでは(失礼ながら)見事なまでに浮いている。その中で、こんなものを見つけた。

haya58.jpg

これは、慈渓(=慈城鎮)が生んだ偉大な思想家・黄震を祀った祠である。以前、彼に関する論文を書いたことのある私は、ここでもマニアックな感動に浸った。

トップページ 教員紹介 早坂 俊廣 ブログ 慈城鎮(3)

ページの先頭へもどる