人文学部からのお知らせ

イベント一般卒業生国際交流在学生地域広報留学連絡重要なお知らせ

2017年度 第1回 多文化交流サロン「ブータンから教えてもらったこと」

ヒマラヤ山脈の東端、美しい自然と仏教文化に恵まれたブータン王国は、幸せを重視する国として知られていますこのブータンで教師をつとめ「最もブータン人らしい日本人」と呼ばれた関健作氏は、ブータンをテーマとした写真家としてもご活躍されています。ブータンの人々の文化と暮らし、そして写真家としての取り組みについてもお話しいただきます。


17ブータンA4-01.jpg



関 健作 1983年生まれ・写真家
順天堂大学スポーツ健康科学部を卒業後、2007年から3年間体育教師としてブータンの小中学校で教え、ブータンで生きる人々をテーマに写真家として活動。地元テレビ局では、最もブータン人らしい日本人として紹介される。ブータン語(ゾンカ語)翻訳、コーディネーター。日本広告写真家協会APAアワードにて文部科学大臣賞受賞。著書『ブータンの笑顔  新米教師が、ブータンの子どもたちと過ごした3年間』(径書房)写真集『祭りのとき、祈りのとき』
ホームページ: https://www.kensakuseki-photoworks.com

トップページ お知らせ 2017年度 第1回 多文化交流サロン「ブータンから教えてもらったこと」

ページの先頭へもどる