人文学部からのお知らせ

イベント一般在学生地域地域連携

アーティスト・トーク「水野勝規 ー安曇野でのリサーチを通してー」

映像作品のためのリサーチを安曇野でおこなう水野勝規さんをお迎えし、新作の展望やアートをうみだす/受け容れる場の力(安曇野の魅力)についてうかがいます。


 


ゲスト:水野勝規(映像作家)


日時:2014年3月8日(土)13:30-14:30


会場:信州大学人文学部人文ホール(人文学部棟1階)


http://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/maps/map05.html


※お車の場合は、大学北側の松本市営美須々駐車場をご利用ください。


入場無料。一般のみなさまのご来聴歓迎です。


 


アーティストプロフィール


水野勝規(みずのかつのり):1982年三重県生まれ。名古屋造形芸術大学美術学科総合造形コース卒(2005)、京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻造形構想修了(2008)。風景の密度をよみ換える端正な映像作品で知られる。主な個展に「light scape」(愛知県美術館、2011)、「monologue」(ギャラリーキャプション/岐阜、2013)、グループ展に「水の情景 モネ、大観から現代まで」(横浜美術館、2007)、「ここも そこも どこかのここで」(松本市美術館、2012)、「かげうつし | 写映 | 遷移 | 伝染 |」(京都市立芸術大学ギャラリーアクア/京都、2012)などがある。作品発表に加え、映像作品上映会 “MOVING”(京都シネマ/京都、2011)の企画・運営など、オフ・ミュージアム的な芸術実践にも関わっている。


 


主催:信州大学人文学部芸術コミュニケーション分野


お問い合せ:信州大学人文学部准教授 金井直


e-mail: kanait(a)shinshu-u.ac.jp  (a)は@

「ここも そこも どこかのここで」(松本市美術館、2012)展示風景

トップページ お知らせ アーティスト・トーク「水野勝規 ー安曇野でのリサーチを通してー」

ページの先頭へもどる