人文学部からのお知らせ

イベント大学院

第一回「言語学カフェ」開催しました

人文学部の言語研究者有志で「言語学カフェ」なる催しを計画、本日2012年11月20日に第一回を開催しました。事後告知というのも妙ですが、シークレット・ライヴとして位置づけてます。


私の発案で、趣意書には「学生のための場もいいけど、まずは我々研究者としての好奇心をくすぐる機会が信州では少ないのが残念です。そこで、ひとまず、人文ホールあたりで、コーヒーでも飲みながら、気楽に言語学を学びあう、語り合う、という場を作ってはどうか、と僭越ながら考えました。ここでいう言語学は linguistics & philology。基本的に、発表というより「話題」をつまみにしての雑談的討議。」と書きました。


第一回は「言語記述のOSとアプリ」と題して、OS言語学(構造主義言語学)とアプリ言語学(生成文法、認知言語学、など)という用語で、カンムリ言語学の整理を山田(日本語学)が試みました。生まれては消えていく様々な言語学アプリが使えるだけでは言語研究にはならない、というのが山田の主張で、やはり言語学のOSを求め、理解して言語研究になる、と。


皆さん楽しんでいただけたように思いましたが、どうでしょうか。


本会は上記趣意で行っていますので、少人数であくまでも研究者主体でリラックスしてやろうということですので、事前告知をする予定はありませんが、基本、人文ホールなどでやる予定ですので、日本語学、英語学、ドイツ語学の研究者などが顔を合わせて、プロジェクターを使ったりして、何かやっていたら、関心のある学生・院生・教員の皆さんは、ゲリラライヴ的に「立ち聞き」したり「参戦」してもらっても一向に構いません。むしろそんな気楽なものとして通りすがりに立ち寄ってもらえれる「井戸端会議」的なイベントと考えてもらえば幸いです。


さて、次回はいつで、誰がスピーカーでしょうか?

トップページ お知らせ 第一回「言語学カフェ」開催しました

ページの先頭へもどる