人文学部からのお知らせ

イベント地域広報後援会

「葡萄酒のブーケ薫る フランス文学の夕べ」

2010年度最後の行事として、3月26日(土)には、松本市美術館にて


本学部 副学長 吉田正明教授による公開講演会が催されました。(15:30〜16:40)


 


タイトルは「葡萄酒のブーケ薫る フランス文学の夕べ


 


中世の教皇庁のあったアビニョン、近世への橋渡しラブレーなどの散文作品ののち、


吉田先生の御専門である詩作品 ボードレール、ランボー、マラルメ、さらに14世紀のシャンソンにまで話は及びました。


会場には近年の「夕べのセミナー」のポスター展示が行われ、来場者にこれまでの60回におよぶ


公開講演会の歴史に思いを馳せました(ポスターは主に本学部の菊池ゼミナールによって作られています)。


 


講演の中で触れられた書物などの展示もあり、多角的な視点から講演を理解して戴く一助となりました。


50名を優に超える近年でも最多の来場者を迎え、盛況でした。


 


講演会の後には、同じ敷地内にあるビストロ サンチームに場所を移し、


講演会の中で触れられた葡萄酒の本物のブーケと味わい、葡萄酒の色とともに


講演の時間内では収まらなかった、様々な話題を伺うなど、懇談の場となりました。


 


この講演会は人文学部講演会からの後援を受けました。感謝の込めて一言申し添えます。


 


 

会場内でのポスターおよび書籍展示

サンチームでの吉田先生の朗読

トップページ お知らせ 「葡萄酒のブーケ薫る フランス文学の夕べ」

ページの先頭へもどる