人文学部からのお知らせ

イベント同窓会在学生地域連携広報

公開講座夕べのセミナー 第60回記念講演会(3月26日)

これまで信州大学人文学部では 大学の研究活動を
市民の皆さまへの還元するための一環として

公開講座夕べのセミナーを開催してまいりました。

いよいよ夕べのセミナーも60回を数え、人間で言えば、「還暦」を迎えることになりました。

そこで、今回は第1回目の講師であられた吉田正明教授を再びお招きし

 

葡萄酒のブーケ薫るフランス文学の夕べ

 

と題する講座を開催することになりました。

 

 

先生のお話の中に登場する文学とワインの組み合わせは・・

1)アルフォンス・ドーデの『風車小屋便り』の「法王と騾馬」がらみで

シャトー・ヌッフ・デュ・パップ Chateauneuf-du-pape」

2)フランソワ・ラブレーの『ガルガンチュア』との関係で

ロワール流域の「シノン Chinon」

3)葡萄酒の語り方についてお話しするために

ロワール流域の「ヴヴレー Vouvray」

4)ボードレールの『悪の華』との関係で

ブルゴーニュのシャンベルタン Gevrey-Chambertin」

5)ランボーの「酔いどれ船」で

シャンパーニュ Champagne

6)番外編のロアルド・ダールのTaste「味覚」で

ボルドーのサン=ジュリアン Saint-Julien」

 

というものです。

日時  2011年3月26日(土) 午後3時開場 講座:3時半〜4時半
場所  松本市美術館 1階 講座室

聴講無料

 

お問い合わせ:信州大学 人文学部総務係 0263-37-3393

 

 

 

しかも 御希望には 講座先生えての懇親会要予約が開かれるそうです。
場所  美術館敷地内の フレンチ・レストラン ビストロ サンチーム(午後5時頃〜)
会費  5000円(食事・ワイン・税込み)


先生のお話に登場したワインと食事をともに味わいながら、歓談の時に参加されるのも御一考です。
こちらに関する予約・お問い合わせは
ビストロ サンチーム (0263)35−9850

トップページ お知らせ 公開講座夕べのセミナー 第60回記念講演会(3月26日)

ページの先頭へもどる