大学院案内

日本語学・日本語教育学領域

日本語学・日本語教育学領域

日本語学・日本語教育学領域は、多彩な講義をとおして日本語学・日本語教育学に関する広範な知識を獲得しつつ批判的思考力を養い、自ら見いだした課題について調査研究する演習の発表や修士論文の執筆をとおして論理的表現力を養うことを目標としています。
日本語学・日本語教育学領域に所属する院生は、日本語学または日本語教育学のどちらか一方を選択して重点的に履修します。
日本語学では、古代日本語から現代日本語(方言を含む)までの幅広い対象を扱っています。
日本語教育学では、日本語の国際的な広がりに注目しながら、世界の言語の一つとして現代日本語の性格を明らかにし、言語教育を考えます。

領域紹介

どのような研究ができるか

言語学と文献学

日本語学研究室では、生の言語(現代方言)の観察・研究(linguistics)と、過去の文献に書かれた言語の観察・研究(philology)と、その両方を演習で実体験してもらい、基礎力をつける訓練をしています。

現代日本語学と日本語教育学

日本語教育学研究室では、世界の言語の一つとして現代日本語のしくみを解明する研究や、外国人が生きた日本語を身につけるために必要な言語教育に関する研究を行っています。

トップページ 大学院 日本語学・日本語教育学領域

ページの先頭へもどる