英語学分野

英語学分野

英語学分野では、英語の史的変化、英語語彙の意味、英語が伝わる仕組み、英語と社会との関わり方などについて学び、英語をめぐる数々の謎を発見し、各人が調査・分析します。大学での学びの集大成となる卒業論文では、英語をめぐる数々の謎を発見しながら、教員による個別指導を受けながら、先人の英知を批判的に見る目を養い、論理的思考によって自らの考えを客観的に記述し、世の中に自分の考えを問いかけて見せます。

教員紹介

英語学分野 BLOG

一覧を見る


2015年度第2回卒論中間発表会@野辺山ステーション


Some academic papers by our graduate students in Academic Year 2014

教員 BLOG


『教室の英文学』(研究社刊) 英語と文学をちゃんと教えます!

『【図説】ヴァイキング時代百科事典』(柊風舎刊)

第31回日本中世英語英文学会と井筒俊彦&西脇順三郎

『ユリイカ:詩と批評』2014年8月号 特集「ムーミンとトーベ・ヤンソン」

分野紹介

教育内容

教育内容

英語学分野では、英語の歴史的変化、英語語彙の意味、英語が伝わる仕組み、英語と社会との関わり方などについて学び、英語をめぐる数々の謎を発見するために、各人あるいはグループで、調査・分析します。
英語圏に留学する先輩も沢山います。留学先は、アメリカやオーストラリアやイギリス、あるいはマレーシアといった英語圏だけでなく、オランダ、ベルギー、イタリア、韓国など、多彩です。

英語学分野の2年生はどんなことをするのでしょう?

2年次になる前に春休みに行われる「英語学フォーラム」で先輩の発表を聴き、「言語学の感覚」を養い始めます。たとえば、日本語と英語との差異や共通点を探ることも英語を学ぶときにとても大切です。秋にはグループ発表が待っていますので、春から夏にかけて文献の探り方や発表の仕方を学びます。

英語学分野の3、4年生は何をするのですか?

3年次には春のフォーラムに自分でも発表したり、質疑応答を行って参加します。2年次に学んだことを活かして、後輩の指導をしたり、自分の卒論執筆の基礎を築きます。英語でのプレゼンテーションにも磨きをかけましょう。
4年次は、就職活動をしながら演習や講読に参加するのはなかなか大変ですが、何よりも定期的に指導教員の前でプレゼンを行うのが重要です。ものごとの「考え方」や「説明の仕方」を学ぶ最も貴重な 1 年です。
3年間で、英語で書かれた本を次々と読み、速読や精読の仕方を学びます。固有名詞を含めた教養を高めるため、図書館やインターネットの使い方をイヤでも覚えることになります。

特徴のある授業・取り組みの紹介

  • 特徴のある授業・取り組みの紹介

    古い英語も研究対象です。ファンタジー映画の源泉に、古英語時代の英雄叙事詩『ベーオウルフ』があることや、イングランドを襲ったヴァイキングの末裔が北欧神話を伝えたことも、英語や英米の文化を理解する助けになります。
    英語と日本語が違うなと感じたことありませんか?日本語では「切っても切れな」いと言えるけど、英語では、"I cut it, but I couldn’t cut it"とは言えない。こういった日英語の差がどうしてなのかを考えていくのも英語学の研究の一つです。

  • 特徴のある授業・取り組みの紹介

    机上の知だけで終わらないように、なるべく習った知を応用する機会を設けています。市内の図書館で英語読み聞かせをしたり、市内の幼稚園・保育園小学校・中学校・高校で英語活動をしたりしています。

  • 特徴のある授業・取り組みの紹介

    発信能力を高めようと、ゼミの中で研究発表をするだけでなく、海外も含めた学会で、学会発表を行ったり、市民の方々に向けて発表する機会なども沢山もうけて、研究成果を発信する取り組みも行っています。

英語は好きだけれど、自分が「英語学」と「英米文学」のどちらに向いているかわからなければどうしたらよいのですか?

答は3つあります。
もしあなたが英語で書かれた本を読んで、作者の考え方や伝記的背景に興味を持ったならば英米文学分野に進級するのがよいでしょう。
もしあなたが英語の「表現」に興味を持ったならば、英語学に進級するのがよいでしょう。
もし、どちらもはっきりしないならば、指導を受けたい先生で決めればよいでしょう。先生方のブログを読んだり、専門を調べてから、興味を持った先生のオフィスアワーに研究室を訪ねて見て下さい。
でもやっぱり迷える学生諸君には、少しヒントになることをブログに載せました。そちらも是非ご覧下さい

英語教員資格について

毎年、卒業生の数名が英語教員になります。英語学を卒業するのに必要な単位に加えて、英語教員資格をとるために必要な単位をとると、卒業と同時に教員免許を取得することができます。

卒業論文の紹介

  • 英語の心理動詞について(なぜ経験者を主語にするもの I like the present と目的語にするもの The present surprised me があるのか)
  • 日本語と英語の相づちの違いについて(なぜ日本語では行く?と聞かれて「行く行く」と言えるのに、英語では、go!go!と言えないのか)
  • like と love の違いについて

在校生、卒業生の声

卒業生

他の分野も見る

ページの先頭へもどる