植物栄養学研究室
井上直人

植物の栄養に関する生理生態

環境汚染を引き起こさずに食料生産を維持するため、低投入環境下でも生産力を高める必要があります。そのため、作物の光合成機能を高度化することと、大気や土壌環境負荷の小さい有機物や微生物資材の開発をしています。また、低投入環境下で能力を発揮する雑穀の再評価を行い、品種育成もしています。

研究紹介(デジタルパンフ)