木材利用学研究室
武田孝志

木材の構造的利用

当研究室は、木材科学および技術に関する知見に基づいた木材のメカニズム解明を通じて、木材の合理的な利用をすすめることを目的とした研究を行っています。
主な研究テーマは、(1)木材・木質材料の構造的利用、(2)木材細胞壁の形成メカニズム、(3)木部細胞におけるカリウムイオン膜輸送の分子機構です。この他にも、木材に関わる様々なテーマの研究を行っています。

研究紹介(デジタルパンフ)