森林計測・計画学研究室
加藤正人

最先端ドローンレーザ計測による精密林業計測

人工衛星・航空機・ドローン・バックパックのレーザーセンシング情報の要素技術をかけ合わせた統合技術により、森林情報の高度化、作業の省力化と持続的な木材生産性を向上させたスマート精密林業「長野モデル」を産学官連携で開発しています。精密な3D情報を自動的に取得できるレーザ計測は森林・林業分野に極めて有効な技術であり、多様な分野で利用できます。人工衛星やドローンなどの空から計測したデータを使い、広域の森林内にある樹木の位置、木の種類、木の高さや太さ、体積、松くい虫被害区分、間引く木や収穫する木を正確に1本ごとに自動抽出する知財技術を開発しています。研究成果を現場へフィードバックすることで感謝され、技術が浸透します。日本の林業に夢を与えるイノベションを目指して技術開発を進め、森林・林業の現場である森林管理署、県、市町村、森林組合、航空測量会社のみなさんと実証試験を進めています。  詳細は、加藤研究室ホームぺージ をご覧ください。

研究紹介(デジタルパンフ)