森林施業・経営学研究室
植木達人

森林資源の利用と再生に関する施業・経営

日本の森林面積の4割を占める人工林には、その目的に即した人間の働きかけ(森林施業)が必要です。しかし森林を取り巻く状況は厳しく、結果として「間伐遅れ」など多くの問題が起こっています。また人々が森林に期待する機能も、木材生産から公益的機能へと変化してきています。そこで過去に学び、現状を分析し、将来を展望することで、現代に適した森づくりとそれに調和する人間社会の姿を考える、それが私たちの研究分野です。

研究紹介(デジタルパンフ)