分子生命工学研究室
荻田佑

腸内細菌叢に着目した食品の生体調節機能の評価

腸内細菌叢の変化が健康維持・増進に関わる重要なファクターとして考えられており、食品の生体調節機能の新たなターゲットとして腸内細菌への作用に注目が集まっています。そこで私たちは、健康維持・増進に寄与する食品を見出すことを目的に、食品摂取による腸内細菌叢の変動が、宿主の生体調節機能に及ぼす影響を調べ、そのメカニズムを解明する研究を行っています。

研究紹介(デジタルパンフ)