動物栄養飼料学研究室
神勝紀

バイオマスを利用した環境低付加畜産システムの開発

大規模で集約的な動物生産は、窒素やリンなどの環境負荷物質を含む糞尿を大量に排出することから、環境汚染をもたらす主要因の一つと考えられています。我々は栄養素バランスや給餌計画の調節によって、これら物質の排出量を低減させるための研究を行っています。さらに、家畜糞尿の環境低負荷処理に関する研究も行っています。

研究紹介(デジタルパンフ)