大神田淳子教授の論文がCHEMISTRY A European JournalのVery Important Paperに選ばれました

トピックス

ケミカルバイオロジー研究室の大神田淳子教授らによる天然物フシコクシンに関する論文がCHEMISTRY A European JournalのVery Important Paperに選ばれました。本研究は、植物の病気に関与する天然物フシコクシンが動物への生理活性を示すことについて、化学的なアプローチで解明したものです。

詳細は、以下をご覧ください。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/chem.201805014

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a