カンボジア農業開発研究所(CARDI) の所長と副所長が本学部に来学されました

トピックス

記念写真
記念写真
懇談の様子
懇談の様子

平成30年10月25日、カンボジア農業開発研究所 (Cambodian Agricultural Research and Development Institute: CARDI) のオーク・マカラ (Ouk Makara) 所長とサカン・ソパニー (Sakhan Sophany) 副所長が本学部に来学されました。CARDI とは農林水産省委託プロジェクト研究「海外植物遺伝資源の民間等への提供促進」(PGRAsiaⅡ)において信州大学等と共同でカンボジア国内での植物遺伝資源探索や信州大学での同研究所研究員の研修などを行っています。

懇談では、これまでの研修実施の謝辞を受けるとともに、今後の植物遺伝資源に関する共同研究について、藤田智之農学部長、本学での担当者の松島憲一准教授、根本和洋助教、また、プロジェクトの我が国代表機関である(国研)農研機構遺伝資源センターの友岡調整室長、さらには、本学部で研修中の同研究所のマット・レッケナ(Mat Leakhena)研究員も加え、意見交換を行いました。今後、両国間における植物遺伝資源に関する研究のさらなる推進が期待できます。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a