松永宙樹さんが第24回森林利用学会学術研究発表会学生優秀発表賞を受賞しました

トピックス

松永さんの発表の様子
松永さんの発表の様子
表彰式の様子
表彰式の様子

平成29年10月28日に岩手県盛岡市で開催された第24回森林利用学会学術研究発表会において、森林施業・経営学研究室の松永宙樹さん(総合理工学研究科2年)が「学生優秀発表賞」を受賞しました。
森林作業道は土構造が主体で作設されており、締固めが重要とされています。本研究は試験的に二通りの作業道を作設し、締固めの有無が作設費と維持管理費に与える影響に関して取り組んだものです。

受賞演題は以下の通りです。
「森林作業道作設時の締固めの有無がその後の維持管理費に及ぼす影響」
〇松永宙樹・斎藤仁志・植木達人(信大院農)・鈴木秀典・山口智・宗岡寛子・田中良明(森林総研)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a