四川農業大学でトウガラシ研究セミナーを共同開催しました

グローバルトピックス在学生の方へ

松島准教授による研究発表
松島准教授による研究発表
畠山佳奈実(大学院1年生)による研究発表
畠山佳奈実(大学院1年生)による研究発表
車田翔平(学部4年生)による研究発表
車田翔平(学部4年生)による研究発表
日中学生による交流会の様子
日中学生による交流会の様子
セミナー参加教員および学生で記念撮影
セミナー参加教員および学生で記念撮影

 2017年3月27日に中国四川省成都市にある四川農業大学の園芸学院果蔬研究所において、トウガラシ研究セミナーを共同開催しました。セミナーでは植物遺伝育種学研究室の松島憲一准教授(生物資源科学分野・植物資源科学コース)、畠山佳奈実さん(大学院生物資源科学分野1年生)との車田翔平さん(応用生命科学科4年生)がトウガラシに関する研究結果について口頭発表を行い、活発な質疑応答が行われました。セミナー修了後は学生交流会が開かれ、同大学の学生による茶芸のパフォーマンスが披露され、交流を深めました。

 また、セミナー前日および当日には同大園芸学院院長の湯浩茹教授、同大果蔬研究所副所長の李煥秀教授果および頼雲松副教授、他数名と打ち合わせを行い、共同研究の実施や交流協定の締結に向けた検討を行うとともに、さらなる国際交流活動の活性化について意見交換を行いました。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a