農学研究科・胡桃澤 希未 さんが日本家禽学会大会で優秀発表賞を受賞しました

トピックス

平成29年3月30日に神戸大学(神戸市)で開催された、日本家禽学会2017年度春季大会において、動物発生遺伝学研究室の 胡桃澤 希未 さん(修士2年)が優秀発表賞(口頭発表)を受賞しました。

この研究は、ニワトリ生殖細胞の発生分化における後天的遺伝子制御機構を解析したものです。本研究を通じて得られた学術的知見は、将来的なキメラニワトリ作出効率の改善や家禽育種への貢献が期待されます。発表データの新規性と共に質疑応答の適確さが高く評価され、本受賞となりました。

受賞対象となった研究発表は以下の通りです。

ニワトリ胚生殖細胞における後天的遺伝子発現制御機構の解析

〇胡桃澤希未、宮原大地、牧野龍一、小野珠乙、鏡味裕(信州大農)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a